本文へ移動

温暖化対策

             

低炭素社会の実現に向けて、環境省が参加を呼びかけている3つの取組は、

「COOL CHOICE」「Fun to Share」「IPCC report communicator」です。


【COOL CHOICE】「選択しよう」

「COOL CHOICE」は、次世代に向けた、これからの「賢い選択」のヒントです。

日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」などを積極的に選択することを呼びかける、2030年まで継続する新しい国民運動です。

【Fun to Share】「知ろう」

「Fun to Share」には、低炭素社会への実現へと導く技術や知恵、CO2排出の少ない生活スタイルの提案など、たくさんの「Fun to Share宣言」を掲載しています。

【IPCC report communicator】「学ぼう」

地球に今、何が起きているのか、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によってとりまとめられた報告書が「第5次評価報告書(AR5)」です。

IPCCリポートコミュニケーターは、この報告書の内容を、広く一般の国民に伝えていく「伝え手」として活動しています。


「環境省が低炭素社会の実現に向けて参加を呼びかけている3つの取組」ウェブサイト