本文へ移動

温暖化とは

石油や石炭など、化石燃料の消費の急増やフロン類の生産や使用によって、二酸化炭素などの温室効果ガスが大気中で増えたために、大気の保温力が上がり、地球の平均気温を押し上げている現象です。
温暖化イメージ図
平均気温が上昇してくることによって、高地や極地の氷雪や凍土、氷河の融解、海水温上昇による海面上昇や、水蒸気の増加による温室効果の増大が起こり、集中豪雨の可能性の増加や海水温の上昇により台風の勢力が衰退しにくくなる可能性の増加といった影響があると予測されています。