■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.145  [19 10 04]

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

目 次

1)地球環境戦略研究機関の藤野上席研究員のインタビューを掲載しました

  〜財団広報誌「明日の淡海」最新号のご紹介

2)国連気候行動サミットでのグレタさんの演説全文をご覧ください

3)情報提供

  ◆受検者募集◆「関西広域連合 エコカー検定(無料)」

  関西広域連合広域環境保全局温暖化対策課(滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1)地球環境戦略研究機関の藤野上席研究員のインタビューを掲載しました

  〜財団広報誌「明日の淡海」最新号のご紹介

 当センターは、地球温暖化対策の推進に関する法律に基づき、滋賀県知事より

センター指定を受け、淡海環境保全財団が平成12年より事業を行っています。

 温暖化防止以外にも、広く県土の環境に関わる当財団。その広報誌「明日の淡海

(あすのおうみ)〜自然と人との共生をめざして〜」は今年度から、県民の皆さま

にとってより身近な存在となるよう、発行部数、発行回数を増やしてリニュー

アルしています。

 9月に発行した最新号Vol.28では、このセンターメールマガジンでもご紹介した

桐原まちづくり協議会の宣言式の紹介や、推進員リレートークなど、温暖化に

関わる記事も多数掲載しています。

 中でもインタビュー「この人に聞く」では、地球環境問題の政策研究者であり、

当センターの様々な事業でも大変お世話になっている、地球環境戦略研究機関の

藤野上席研究員に登場いただきました。

 「滋賀県民一人一人が温暖化問題を考える時の気持ちの持ちようは?」という

問いかけに対する、藤野さんのご回答は・・・こちらからダウンロードして

お読みください!


■財団広報誌「明日の淡海」 Vol.28 (2019.9発行)

https://www.ohmi.or.jp/infomation/

今後ぜひご愛読いただき、また印刷物の本誌もお手に取ってご覧ください。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2)国連気候行動サミットでのグレタさんの演説全文をご覧ください

 2019年9月23日、16歳のグレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さんの国連

気候行動サミットでの演説が、ニュースやワイドショーで大きく取り上げら

れ話題になっています。

 演説では、世界の首脳らに対し「温室効果ガス排出問題に取り組まず、

自分たちの世代を裏切った」と非難し、「よくもそんなことが言えますね」と

怒りをあらわにし、その姿には胸に迫るものがありました。これをきっかけに、

地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」を再び勢いづかせることになるこ

とが期待されます。

 日本ではこれまであまり報道されていませんでしたが、約1年前、トゥンベリ

さんがたった1人で始めた抗議行動は、「Fridays For Future(未来のための

金曜日)」運動として、今や世界約400万人の子どもや若者らを立ち上がらせ

ています。

 なおこのサミットでは、77カ国が2050年までに温室効果ガス排出量を実質

ゼロにすることを約束しました。

 一方で、日本は具体的な新しい取り組みを示すことはなく、今後どのように

取り組んでいくのかを問われる小泉大臣のニュース映像が印象に残りました。

 わたしたちも、子どもたちの未来を守るために更なる行動を起こさなくては

いけないのではないでしょうか。

■NHK NEWS WEB

グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012095931000.html

■国際連合広報センター

気候行動サミット、2020年を期限とする主な気候目標の達成に向け、

各国の野心と民間セクターの行動に大きな前進をもたらす

(プレスリリース日本語訳)

https://www.unic.or.jp/news_press/info/34893/

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3)情報提供

  ◆受検者募集◆「関西広域連合 エコカー検定(無料)」

  関西広域連合広域環境保全局温暖化対策課(滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課)

滋賀県温暖化対策課では、関西広域連合と連携して、温室効果ガス削減のため、

次世代のエコカーである電気自動車や燃料電池自動車の普及促進に取り組んで

います。

エコカーの魅力や知識を楽しく知っていただくため、エコカー検定を関西広域

連合で実施しています。

高得点者には旅行券を合格者には図書券(いずれも抽選)を副賞として用意し

ていますので、この機会にぜひ検定にチャレンジしてください。

【検定期間】10月1日(火)から12月10日(火)まで ※ウェブサイト上でも受

検いただけます

【検定料】無料

【受検資格】 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県、鳥取県

       に居住もしくは通学・通勤している方(年齢は問いません)

◆詳細はこちら

https://www.kouiki-kansai.jp/koikirengo/jisijimu/kankyohozen/carbonoffset/3581.html

◆問合せ先◆

関西広域連合広域環境保全局温暖化対策課(滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課)

TEL:077−528−3494

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆