☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                   VOL.115  [17 03 31]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 うちエコ診断実施機関認定が継続更新されました

◎2 家族で学んで!みんなで取り組む!

  「地球温暖化とわたしたちのくらし方」を作成しました

◎3 第3回エコ・エコノミー推進セミナー・

   平成28年度滋賀県低炭素社会づくり賞表彰式のご報告

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 うちエコ診断実施機関認定が継続更新されました

 公益財団法人淡海環境保全財団は、うちエコ診断実施機関の認定の

有効期限(最大3年間)にあたり、過日、認定更新手続きを行いました。

 その結果、当財団が家庭エコ診断制度運営委員会の定める認定審査基準を

満たしているとして、うちエコ診断実施機関として認定されましたのでここに

お知らせします。

 今回の指定期間は、平成29年4月1日から平成32年3月31日までです。

 引き続きご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

             滋賀県地球温暖化防止活動推進センター 一同

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 家族で学んで!みんなで取り組む!

  「地球温暖化とわたしたちのくらし方」を作成しました!!

 県温暖化対策課では、家庭で楽しみながら地球温暖化について考え、生活

の中で地球温暖化防止対策に取り組んでいただくことにより、家庭からの温

室効果ガス排出量を削減するための、啓発冊子を作成しました。

 冊子では、まず「地球温暖化ってなに?」として、地球温暖化の仕組みや、

温暖化がこのまま進んだらどうなるのか等を小学校高学年でも理解できるよ

うに説明し、ふりがなも付けました。。

 そして「家庭でできる!地球温暖化対策」では家庭で二酸化炭素はどこか

ら出ているのか、どんな対策をすると二酸化炭素がどれだけ減らせて、電気

代がいくらお得になるのかなどをわかりやすく説明して、子どもができるこ

と、家族みんなでできることなど、家庭で取り組んでいただける様々な対策

を紹介しています。

 また、付録に「COOL CHOICE 絵合わせカード」をつけて、楽しみながら

クールチョイスを知っていただくことができるようになっています。

 本冊子を利用した出前講座の実施や、冊子の提供も行いますので、

今後ご活用ください。

(参考)県政eしんぶん(報道資料) > 2017年3月30日号

> 家族で学んで!みんなで取り組む!「地球温暖化とわたしたちのくらし方」を作成しました!!

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de02/20170330.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 第3回エコ・エコノミー推進セミナー・

   平成28年度滋賀県低炭素社会づくり賞表彰式のご報告

 環境と経済が両立する持続可能な低炭素社会の実現に向けて実施するエコ・

エコノミー推進事業の一環として、3月23日にコラボしが21にて第3回エコ・エ

コノミー推進セミナーを開催しました。直前のお知らせにもかかわらず、多数

の皆様にご参加いただきました。

 第3回となる今回は、諸富 徹 京都大学大学院教授をお招きし、「脱炭素社会

と地域経済の持続的な発展」をテーマとして、脱炭素社会に向けたこれまでの

取組および今後の中長期的な展望について基調講演を頂きました。

 冒頭で諸富先生は、本事業の前身である「滋賀エコ・エコノミープロジェク

ト」の第1回セミナー(2010年開催)でも講演くださったことに触れられ、滋賀

県の産業・経済界の皆様のご尽力や、県との協力体制の構築など、他県モデルと

もなる現状に敬意を表してくださいました。

 そして講演では、CO2削減と生産性の向上は両立可能だということをスイスや

北欧のケースで示され、今後の温暖化対策活動にあたっての大変有意義な指針を

頂きました。

 また、セミナーに先立ち同日開催された平成28年度滋賀県低炭素社会づくり賞

表彰式では、知事表彰とともに、4社の低炭素化事業部門の受賞事業所に当財団

から副賞として奨励金を贈呈しました。その後、各事業所の代表の方から受賞

された製品・サービスについてプレゼンテーションしていただきました。

【平成28年度 滋賀県低炭素社会づくり賞受賞事業所】

<低炭素化事業部門>

株式会社井之商(大津市)

北村工務店匠堂(米原市)

株式会社ひらつか建築(多賀町)

山室木材工業株式会社(米原市)

<事業者行動計画書制度部門>

ダイハツ工業株式会社 滋賀(竜王)工場(竜王町)

TBカワシマ株式会社(愛荘町)

トヨタ紡織滋賀株式会社(甲賀市)

株式会社日立建機ティエラ 生産本部(甲賀市)

 受賞事業所の取組実績等、詳細は滋賀県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de02/20170317.html

 また、当日の内容は「エコ・エコノミー推進事業」のホームページに

4月に掲載予定です。

http://ohmi.or.jp/eco-economy/?p=484

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成29年4月14日 (金) 15:00 〜 17:00

場 所: 栗東市役所第一会議室

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成29年4月18日(火)13:30〜15:30

場 所: 県庁北新館3階多目的室

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: (調整中)

場 所: 近江八幡市役所 別館会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆