☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.112  [17 01 05]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 「地球温暖化防止コミュニケーター」にご登録ください

◎2 (2016年12月23日)テレビ東京系列にて

   「僕らが知らない地球の真実 温暖化から見える問題」が放送されました

◎3 環境省報道発表資料より

   国立環境研究所琵琶湖分室(仮称)の設置に係る協定の締結について

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

本年も引き続きご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

              滋賀県地球温暖化防止活動推進センター 一同

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 「地球温暖化防止コミュニケーター」にご登録ください

 地球温暖化防止コミュニケーターは、気候変動への正しい知識と理解を、直接

的な「伝え手」である地球温暖化防止コミュニケーターによって広く一般の人々

に広め、21世紀の低炭素社会にふさわしいライフスタイルを考えて行こう、とい

う活動です。

 コミュニケーター登録をされた方は、 IPCC第5次評価報告書を基に作られたオ

リジナルプログラムを利用し、セミナー、イベントなど様々な伝える場で、気候

変動についての正しい情報を伝える活動を行います。

 21世紀の大きな課題である気候変動問題に取り組む地球温暖化防止コミュニケ

ーターとして、是非ご登録下さい。


≪登録までの流れ≫

1.Web登録申請を行って下さい。

2.E-ラーニングの合格により、仮登録ができます。

3.地球温暖化防止コミュニケーター養成セミナーに参加頂き、本登録が完了します。

→地球温暖化防止コミュニケーター活動を開始することができます。


詳細は地球温暖化防止コミュニケーターウェブサイトをご覧ください。

https://funtoshare.env.go.jp/ipcc-report/

お問い合わせ

地球温暖化防止コミュニケーター事務局

communicator@ondankataisaku.env.go.jp


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 (2016年12月23日)テレビ東京系列にて

   「僕らが知らない地球の真実 温暖化から見える問題」が放送されました

(以下、放送内容)

林修先生が解説!地球でいったい何が起きているのか?

地球は、私たちの想像を超える驚愕の一面を見せることがあります。

巨大穴の出現、ブヨブヨになった大地、溶けるアスファルト…

これらの現象と地球温暖化との関係は?

世界で起きた驚きの現象を林修先生がわかりやすくみなさんに解説します!

また、りゅうちぇるの1日に密着し、人は1日でどのくらいのCO2を排出して

いるのかを徹底検証!

環境省が推進する低炭素型の製品、サービス、ライフスタイルなど地球温暖

化対策のためのあらゆる賢い選択を促す国民運動「COOL CHOICE」についても

ご紹介します。


◆出演者

【MC】林修

【ゲスト】(五十音順)小池美由、三四郎(小宮浩信、相田周二)、竹俣紅、

      春香クリスティーン、向井慧(パンサー)、りゅうちぇる

【専門家】肱岡靖明(国立研究開発法人 国立環境研究所)、

     川原博満(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 環境省報道発表資料より

   国立環境研究所琵琶湖分室(仮称)の設置に係る協定の締結について

 「政府関係機関移転基本方針」(平成28年3月22日 内閣官房まち・ひと

・しごと創生本部決定)に基づき、国立研究開発法人国立環境研究所(以下

「国立環境研究所」という。)琵琶湖分室(仮称)の設置について、環境省、

国立環境研究所及び滋賀県の3者で、連携協力に関する協定の締結式を平成

29年2月17日(金)(予定)に開催することを合意しましたので、その概要を

お知らせします。

 今後、琵琶湖分室(仮称)設置を契機として、国立環境研究所と滋賀県琵

琶湖環境科学研究センター(以下「琵琶湖環境科学研究センター」という。)

との共同研究などの連携強化を図るとともに、地元の大学・企業等を巻き込

んだ湖沼環境研究の更なる発展と研究成果の活用・実用化を図り、地方創生

につながるプロジェクトを推進します。


国立環境研究所琵琶湖分室(仮称)の設置に係る協定の締結について

http://www.env.go.jp/press/103413.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■平成28年度 第2回推進員研修・人材育成セミナー(推進員研修)

日 時: 平成29年1月12日(木)13:30〜16:30

場 所: 滋賀県庁新館7階大会議室

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成29年1月13日(金)15:00〜17:00

場 所: 野洲クリーンセンター

■大津グループ推進員会議

日 時: 調整中

場 所: 調整中

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成29年1月25日(月)13:00〜16:00

場 所: 近江八幡市環境エネルギーセンター

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆