☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.111  [16 12 08]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 滋賀県みんなで省エネ・節電ウォームライフ2016-2017

◎2 「気候変動の影響への適応計画」が閣議決定されました

◎3 出前講座、啓発、グループ会議他の予定 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 滋賀県みんなで省エネ・節電ウォームライフ2016-2017

滋賀県では、温室効果ガスの排出を抑え地球温暖化を防止するために、特にエ

ネルギー消費の増加する冬の時期に、定着してきた省エネ・節電取組を引き続

き行っていただけるよう呼びかけを行います。2020年以降の温室効果ガス削減

のための新たな国際枠組みとしてパリ協定が発効されたことなどから、関西広

域連合、県内の各市町等と協力、連携等を図りながら、県民や事業者の方々に

一層の呼びかけを行い、「しがエネルギービジョン」で示した省エネルギー・

節電を更に推進していきます。

県民、事業者の皆さまにおかれましては、健康上支障のない範囲で、家庭や

オフィスにおいて省エネ・節電に御協力いただきますようお願いいたします。

●期間: 平成28年12月1日(木)〜平成29年3月31日(金)

●ご家庭でできる省エネ・節電取組

 ◆日常的な省エネ・節電の事例

【空調】

・重ね着や暖かい食べ物で体を温めて過度に暖房に頼らない(室温は20℃)

・みんなが1部屋に集まりこたつなどで団らんを

【照明】

・日中は太陽光を取り入れてできるだけ消灯

・人のいない部屋や廊下などではこまめに消灯

【テレビ】

・テレビを見ない時にはこまめに電源OFF

・テレビを省エネモードに設定

【冷蔵庫】

・冷蔵庫の温度設定を「中」から「弱」に切り替え

【その他】

・電気使用量のお知らせサービスの活用

・消費電力の高い電気製品はできるだけ使用を控える

・使わない機器はプラグを抜く

・遮熱カーテンなどを利用して部屋の断熱性を高める

 ◆中長期的な省エネ・節電の方法

・省エネ性能の高い家電製品への買い替え

・自然光の取り入れ、照明のLED化

・二重窓など住宅の断熱性能の向上

・太陽光発電や家庭用燃料電池の導入

・HEMSで見える化・エネルギー管理

 ◆省エネ節電取組への支援

・太陽光発電システム設置などの補助

  スマート・エコハウス普及促進事業補助金

   補助金についてのお問い合わせは

   滋賀県県民生活部エネルギー政策課(電話番号:077-528-3091)へ

その他、具体的な節電方法について、当センターの出前講座でもご紹介して

います。自治会やサークルなどでご活用ください。

(参考)滋賀県みんなで省エネ・節電ウォームライフ2016-2017

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/shoene/warmlife.html

(内容)

●ご家庭でできる省エネ・節電取組

●滋賀のあったかレシピ

●事業所での省エネ・節電取組

●県庁の取組(県庁率先行動)

●滋賀県みんなで省エネ・節電ウォームライフちらし(PDF:607KB)

●関西冬のエコスタイルポスター(PDF:558KB)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 環境省「気候変動適応情報プラットホーム」のご案内


地球温暖化の影響が深刻化を増す中、温室効果ガスを減らし温暖化を和らげよ

うとする「緩和策」と並んで、温暖化の悪影響にいかに備えるかという「適応

策」の重要性が高まっています。

こうした中で、機構変動の影響への「適応」に関する情報を一元的に発信する

ポータルサイト、「気候変動適応情報プラットフォーム」が今夏公開されまし

た。これは、各省庁や研究機関、地方自治体などの提携・協力のもと、環境省

と国立環境研究所が開発したもので、適応への取り組みに役立つコンテンツの

ほか、参考情報のリンク集、気候変動関連ニュース、普及啓発のための動画な

どが記載され、随時更新されています。

貴重な情報の閲覧はもちろん、収録されているグラフや地図画像をダウンロー

ドしていただくこともできますので、適応策に関わるさまざまな機会にご活

用ください。

(参考)環境省「気候変動適応情報プラットホーム」

http://www.adaptation-platform.nies.go.jp/

<報道発表文>

「気候変動適応情報プラットホームポータブルサイトを開設しました」

http://www.env.go.jp/press/102941.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成28年12月9日(金)15:00〜17:00

場 所: 栗東市役所

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成28年12月20日(火)15:00〜17:00

場 所: 滋賀県庁北新館3階多目的室

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成29年1月22日(月)午後

場 所: 近江八幡市環境エネルギーセンター会議室(調整中)

■平成28年度 第2回推進員研修・人材育成セミナー(推進員研修)

日 時: 平成29年1月12日(木)13:30〜16:30

場 所: 滋賀県庁新館7階大会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆