☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.105  [16 05 31]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 6月は環境月間です

◎2 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」ご協力のお願い

◎3 平成28年度スマート・エコハウス普及促進事業補助金について受付を

   開始します

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 6月は環境月間です

 6月5日は環境の日です。これは、1972年6月5日からストックホルムで開催され

た「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提

案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本

法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。

「環境基本法」は、事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解

を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めるという

「環境の日」の趣旨を明らかにし、国、地方公共団体等において、この趣旨にふ

さわしい各種の行事等を実施することとしています。

我が国では、環境庁(現 環境省)の主唱により、平成3年度から毎年6月の一ヶ

月間を「環境月間」(昭和48年度〜平成2年度までは、6月5日を初日とする

「環境週間」)とし、全国で様々な行事が行われています。世界各国でも、この

日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われてい

ます。

(参考)環境省ホームページ 6月は環境月間です

http://www.env.go.jp/guide/envdm/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」ご協力のお願い

 地球温暖化防止のため、環境省はライトアップ施設や家庭の電気を消していた

だくよう呼びかける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を、本年も

6月21日(火)から7月7日(木)まで実施いたします。

 特に6月21日(火)[夏至]と7月7日(木)[クールアース・デー、七夕]の両日

の夜8時から10時までの2時間程度、一斉にライトダウン(照明の消灯)実施を呼び

かけています。

 このキャンペーンの趣旨にご理解とご賛同をいただき、ライトダウン実施に

ご協力くださいますようお願いします。

●貴施設のライトダウン

上記キャンペーン期間中、特に特別実施日の両日、可能な範囲で消灯をお願いします。

※各施設のご都合に合わせ、安全かつ適切な消灯を実践してください。

※節電や休業日等により消灯されている場合でも、ご登録いただければ幸いです。

●参加施設等のキャンペーンホームページへの登録

ライトダウンを行っていただく施設・企業・団体名と、見込み削減消費電力量を

ご登録ください。

「ライトダウンキャンペーン」ホームページ等で「参加施設」として紹介されます。

●呼びかけ団体のキャンペーンホームページへの登録

ライトダウン設備のない施設・企業・団体(学校等)の皆様につきましては、

ライトダウン活動の呼びかけにご協力、ご登録ください。


※ご協力いただける企業様・団体様は協力施設を下記のホームページでご登録ください↓

★ライトダウンキャンペーンホームページ

https://funtoshare.env.go.jp/coolearthday/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 平成28年度スマート・エコハウス普及促進事業補助金について受付を

   開始します

 滋賀県県民生活部エネルギー政策課および(公財)淡海環境保全財団からのお知

らせです。

 個人用既築住宅において、太陽光発電の設置と併せて省エネ製品を購入する取

組や、分散型エネルギーシステムを購入する取組に対して、経費の一部を支援す

る補助金の募集を6月1日から開始します。

【募集期間】平成28年6月1日(水)〜平成29年2月20日(月)

【補助メニュー】

@太陽光発電の設置と併せて省エネ製品(2万円以上)を購入する場合

 2万円/kW (上限5万円)

A自立分散型エネルギーシステムを購入する場合

 システムの購入価格の10分の1 (上限はシステムごとに4〜10万円)

B太陽光発電の設置と併せて自立分散型エネルギーシステムを購入する場合

 @とAの合計額

※補助要件、申請の手続など詳しくはこちらを参照してください。

 →http://www.ohmi.or.jp/ondanka/10taiyoko/1001taiyokohojo/1001taiyokohojo2016.html

【お問い合わせ】

公益財団法人淡海環境保全財団

電話:077-569-5301 Email:pv@ohmi.or.jp

滋賀県県民生活部エネルギー政策課

電話:077-528-3091 Email:ene@pref.shiga.lg.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成28年6月12日(金)15:00〜17:00

場 所: 守山市コミュニティホール(セルバ守山)

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成28年6月21日(火)13:30〜15:30

場 所: 滋賀県庁 北新館3F 多目的室

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成28年8月2日(火)13:30〜15:30

場 所: 近江八幡市役所 環境課2階会議室

■平成28年度 第1回推進員研修

日 時: 平成28年7月22日(金)午後

場 所: 草津市市民交流プラザ(フェリエ南草津5階) 大会議室

     ※詳細決まり次第、推進員の皆様へ追ってご案内します

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(編集後記)

新規推進員の方をお迎えし、2か月が経とうとしています。地域グループの推進

員会議へのご参加をはじめ、地域を超えての啓発活動や、出前講座へのアシスト

参加など、早くも活動の場をどんどん広げている方もおられます。

先日5月29日に開催した新規推進員研修には31名ものご参加があり、とりわけ

グループに分かれての意見交換では、皆さんの意識の高さと学習意欲、推進活動

の実践への思いが伺えました。頼もしく嬉しく思うと同時に、センターに求めら

れる役割に、気が引き締まる思いがしました。

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆