☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.97  [15 10 01]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 温暖化防止セミナー

『気候変動がもたらす水災害への適応を考える』を開催します

◎2 温暖化防止出前講座とうちエコ診断の受付状況について

◎3 企業の環境研修に事業所出前講座をご活用ください

◎4 「滋賀県低炭素社会づくり賞(低炭素化事業部門)」表彰候補者を募集します

◎5 【県エネルギー政策課】びわ湖環境ビジネスメッセ2015セミナー開催(10/21)

◎6 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 温暖化防止セミナー

『気候変動がもたらす水災害への適応を考える』を開催します

 地球温暖化がもたらすこの気候変動にどう向き合っていくか。ゲリラ豪雨を

早期に探知しようと研究を続けておられる中北英一氏を迎え、特に水災害を中

心として、気候変動に対する適応策を考えるセミナーを開催します。また本県

における水災害への対応策について流域治水政策室より紹介いただきます。

 多くの方のご参加をお待ちしています。

■日 時: 平成27年10月7日(水) 13:30〜16:00(受付:13:00〜)

■場 所: 滋賀県庁新館 7階 大会議室(大津市京町四丁目1番1号)

■内 容:

      講演1.  13:35〜14:55

      「気候変動による影響と適応を考える 〜水災害を中心に〜」

      京都大学防災研究所 副所長 工学博士

      気象・水象研究部門 水文気象災害研究分野

                教授 中北 英一 氏

      講演2.  15:00〜15:50

      「滋賀県流域治水政策における気候変動対応策の取組」

      滋賀県流域政策局 流域治水政策室 流域治水推進係

                副主幹 一伊達 哲 氏

事前お申し込みをお願いしております。

お申し込み方法ほか詳細は、以下よりご確認ください。


温暖化防止セミナー ちらし

http://www.ohmi.or.jp/GWseminar.pdf

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 温暖化防止出前講座とうちエコ診断の受付状況について

 当センターでは、温暖化防止出前講座とうちエコ診断を実施される自治会、

企業、団体等の皆様を募集しております。訪問診断、団体診断、イベント等

会場診断、センター窓口診断等、いろいろな受診形式がありますので、ぜひ

お気軽にセンターへご相談ください。

 今年度のうちエコ診断は12月末までを予定しております。

 皆様のお申し込みをお待ちしております。

〜〜〜

★今後予定されている省エネ提案会(うちエコ診断会場)

◆甲賀市エコフェスタ2015◆

日 時: 平成27年10月10日(土) 10:00〜15:30

場 所: 忍の里プララ

◆おおつ花フェスタ2015・秋の緑化フェアー◆

日 時: 平成27年10月17日(土)、18日(日) 10:00〜16:00

場 所: 大津湖岸なぎさ公園サンシャインビーチ周辺

◆多賀ふるさと楽市◆

日 時: 平成27年10月18日(日) 10:00〜15:00

場 所: 多賀大社周辺

上記のイベントでうちエコ診断受診を希望される方は、下記連絡先まで

お問い合わせください。ご希望の時間を予約していただくことができます。

なお、30分診断と1時間診断をお選びいただけます。

  電話:077-569-5301  E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

〜〜〜

●お申し込み専用フォームURL

http://www.uchieco-shindan.go.jp/2015/jushin/choice.php

こちらから、滋賀県を選択→滋賀県うちエコ診断実施機関

または

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0107shoene/0107shoeneindex.html

をご参照の上、FAXまたはメールにてお申込ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 企業の環境研修に事業所出前講座をご活用ください

 企業の環境研修に滋賀県温暖化防止活動推進センターが実施する事業所出前

講座をご活用ください。

 地球温暖化問題への理解を進めるため、各企業に講師を派遣し、わかりやす

く環境学習を進めます。

 従業員の方々に、事業所だけでなく家庭でも率先して省エネ・創エネ活動を

推進いただく きっかけづくりとして活用ください。

 詳細は、「事業所出前講座チラシ」をご覧いただき、FAXもしくはメール

にて申し込みください。

●「出前講座チラシ」

http://ohmi.or.jp/eco-economy/wp/wp-content/uploads/2015/09/出前講座チラシ.pdf

●「講座申込書」

http://ohmi.or.jp/eco-economy/wp/wp-content/uploads/2015/09/講座申込書.doc

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 「滋賀県低炭素社会づくり賞(低炭素化事業部門)」表彰候補者を募集します

本県では、滋賀県低炭素社会づくりの推進に関する条例に基づき、低炭素社会

づくりに関する特に優れた取組を行った者を表彰する「滋賀県低炭素社会づくり

賞」を制定しています。

「滋賀県低炭素社会づくり賞」のうち、温室効果ガス排出削減に貢献する製品

・サービスを生み出す事業活動を行っている県内事業者を表彰する低炭素化事業

部門について、平成27年度の表彰候補者を募集しますのでお知らせします。なお

表彰者には知事表彰のほか、(公財)淡海環境保全財団から副賞が贈呈されます。

1 表彰について

##表彰対象事業者

温室効果ガス排出削減に貢献する製品・サービスを生み出す事業活動を行って

 いる県内事業者

##副賞

受賞者には、1件あたり50万円を上限とする奨励金が(公財)淡海環境保全財団

から贈呈されます。

2 表彰候補者の募集

表彰候補者を広く公募します。

##募集期間

平成27年9月18日(金)〜平成27年11月6日(金) 17時15分

※ 期間内に持参、郵送または電子メールで必要書類を提出してください。

(郵送の場合は当日の消印有効です。)

##提出書類等

表彰実施要領に基づき、以下のものをご提出ください。

・別紙1 滋賀県低炭素社会づくり賞【低炭素化事業部門】応募書

・別紙2 事業説明書(事業のアピールポイント)

・事業に関する資料(所定の様式はありません)

※様式等は県のホームページの温暖化対策課のページに掲載しています。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/index.html

3 提出先

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課

4 表彰等

別途、県で設置する審査委員会において審査をし、表彰対象者を決定すると

ともに平成28年1月頃に表彰式を実施する予定です。

【お問い合わせ】

滋賀県温暖化対策課

TEL:077-528-3494 FAX:077-528-4844 Eメール:ondan@pref.shiga.lg.jp

●滋賀県 県政eしんぶん

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de02/20150918.html

●(公財)淡海環境保全財団 滋賀県低炭素社会づくり賞

http://ohmi.or.jp/eco-economy/award/index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎5 【県エネルギー政策課】びわ湖環境ビジネスメッセ2015

セミナー開催(10/21)

――――――――――――――――――――――――――――――――

 【ご案内】びわ湖環境ビジネスメッセ2015セミナー開催(10/21)

────────────────────────────────

 滋賀県エネルギー政策課からのお知らせです。

 今年で18回目を迎える日本最大級の環境産業総合見本市「びわ湖環境

ビジネスメッセ2015」において、エネルギーに関するセミナーを開催し

ます。

 本セミナーでは、国内最先端の再生可能エネルギー研究所における研

究開発の最新動向や県内事業者によるマイクロ水力発電・熱エネルギー

に係る技術開発の取組事例を紹介します。

 エネルギーに関心のある方や自社技術の応用を考えたい方は、ぜひお

申し込みください。

【セミナー名】新しいエネルギー社会の実現に向けたイノベーション

【日時】平成27年10月21日(水) 10:30〜12:30

【場所】滋賀県立長浜ドーム セミナー室@(長浜市田村町1320)

【内容】講演

    「福島再生可能エネルギー研究所

                −新たな産業の創出を目指して−」

     国立研究開発法人産業技術総合研究所

     福島再生可能エネルギー研究所

     所長 大和田野 芳郎 氏

    事例紹介1

    「管水路用マイクロ水力発電システムの開発と実証事例」

     ダイキン工業(株)滋賀製作所 環境技術研究所

     専任部長 沢田 祐造 氏

    事例紹介2

    「下水熱・地中熱利用の技術開発」

     積水化学工業(株)環境・ライフラインカンパニー

     開発研究所

     熱エネルギープロジェクトヘッド 村田 智昭 氏

【参加費】無料

【定員】100名

【申込方法】以下のホームページからお申し込みください。

      https://www.biwako-messe.com/sys/events/view/170

【備考】当日は、公共交通機関をご利用ください。

    米原駅東口、長浜駅西口から無料シャトルバスも出ます。

【問い合わせ先】滋賀県エネルギー政策課

        電話 077-528-3091

        メール ene@pref.shiga.lg.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎6 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成27年10月9日(金)15:00〜17:00

場 所: 守山駅前コミュニティホール第1ホール(セルバ3階)

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成27年10月20日(火)13:30〜15:30

場 所: コラボしが21 3階ミーティングルーム1

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成27年11月9日(月)13:30〜15:30

場 所: 近江八幡市役所 別館会議室

■平成27年度 第3回推進員研修

日 時: 平成27年10月7日(水)13:30〜17:00

場 所: 県庁新館7階大会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

先日、近年の高温でも玄米が白く濁らない新品種「みずかがみ」を育成された

滋賀県農業技術振興センターにてお話を伺う機会をいただきました。

広大な大中の地の歴史的背景に始まり、全国で最初の人工交配品種の育成は明

治時代に当地で為されたこと、少ない土でトマト等の栽培ができる滋賀県式技

術が震災の地へ伝えられていることなど、品種開発・改良の技術を長い年月を

かけ確立されていることがわかり、とても内容の濃いひとときとなりました。

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆