☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.94  [15 06 30]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 ご家庭で夏の節電にご協力ください

◎2 家庭で取組む節エネガイド2015を作成しました

   /JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

◎3 「CO2削減/ライトダウン キャンペーン2015」へのご協力のお願い

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 ご家庭で夏の節電にご協力ください

 滋賀県では7月1日(水)〜9月30日(水)までを節電期間とし、平日9時から

20時までの節電を呼びかけています(8月13日(木)〜14日(金)を除く)。

今夏の電気需給の安定に向けては、昨夏同様の節電を着実に実施していただく

よう、ご家庭でも熱中症など健康上の支障をおよぼさない範囲での節電をお願

いいたします。

 また、節電クールライフキャンペーンとして、お盆を除く夏休みの平日、

県立文化施設4館の無料開放が行われます。

当センターでも7月28日(火曜日)、8月24日(月曜日)、8月25日(火曜日)に

琵琶湖博物館で省エネ・節電を考える体験型のセミナー「エコキッズ博士に

なろう」を行い、うちエコ診断ブースも出展します。

その他さまざまな夏休み企画が実施されますので、ぜひ各館のホームページ

をご覧のうえお出かけください。

 日常的な節電の具体的対策とその節電効果は次の通りです。

○ エアコンの設定26℃ ⇒ 28℃   10%

○ すだれなどで日差しを和らげる  10%

○ エアコンを消し、扇風機を使用  50%

○ 不要な照明を消す         5%

○ 冷蔵庫の設定を「強」から「中」にし、扉を開ける時間や詰込を減らす

                  2%

○ テレビは省エネモード設定、画面の輝度を下げ、不要時は消す

                  2%

(※節電効果の記載値は、在宅家庭の日中の最大使用時(約1,200W)に対する

削減率の目安です(資源エネルギー庁推計))

 中長期的な節電・省エネ対策としては、省エネ性能の高い家電製品、

LED照明への買い替えなどが考えられます。

 それぞれのご家庭のライフスタイルに応じた省エネ対策については、

「うちエコ診断」(家庭向けの無料省エネ診断)で個々のご家庭への具体的な

アドバイスを行います(7月1日から受付開始)。

受診にご関心をお持ちの方は、当センターまでお気軽にお問い合わせください。


(参考1)滋賀県夏の節電クールアクション2015

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de02/20150610.html

http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de02/files/setuden2015.pdf

五感で涼感 みんなで節電クールライフを 〜県立文化施設無料開放!

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/setsuden/muryoukaihou2.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 家庭で取組む節エネガイド2015を作成しました(DL・配布可)

JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センターでは、今年も「楽しく、無理しない、

頑張りすぎない“節エネ”ライフ」を推進するため、「家庭で取組む節エネガイ

ド2015」を作成しました。

本年は、IPCC第5次評価報告書や気象庁異常気象レポートほか、気候変動の最新

情報とともに、地球温暖化対策のために家庭で出来ること、ちょっと賢いお得な

情報なども掲載しております。

また、配布も行っております。(送料のみご負担となります)

皆様の節エネライフの一助となりますよう、ぜひご活用ください。

もくじ

1.気候変動の最新情報

2.家庭では、どこからCO2が出ているの?

3.地球温暖化対策のために家庭で出来ること

4.ちょっとかしこい、ちょっとお得な情報

(参考2)家庭で取組む節エネガイド2015

http://www.jccca.org/pamphlet_panel/pamphlet/pamphlet_red10.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 「CO2削減/ライトダウン キャンペーン2015」へのご協力のお願い

6月22日【夏至の日】のライトダウンへのご協力ありがとうございました。

引き続き7月7日【七夕の日】のライトダウンにもご協力いただきますよう

お願い申し上げます。

詳細は次のホームページをご覧ください。

(参考3)ライトダウンキャンペーン

- 気候変動キャンペーン Fun to Share - 環境省

https://funtoshare.env.go.jp/coolearthday/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時:平成27年7月10日(金)15:00〜17:00

場 所:草津市立まちづくりセンター 202会議室

■大津グループ推進員会議

日 時:平成27年8月18日(火)13:30〜15:30

場 所:調整中

■近江八幡グループ推進員会議

日 時:平成27年7月7日(火)13:30〜16:00

場 所:近江八幡市役所 別館 環境課2階会議室

■平成27年度 第2回推進員研修

日 時:平成27年8月4日(火)13:30〜16:30

場 所:県庁東館大会議室

■滋賀県うちエコ診断士スキルアップ研修会

日 時:平成27年7月6日(月)15:00〜16:45

場 所:(一社)環びわ湖大学地域コンソーシアム 会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

世界各国の環境NGOで作る「気候行動ネットワーク(CAN)」が6月4日、温暖化

対策に最も後ろ向きな国として、不名誉な「化石賞」の1位から3位のすべてに

日本を選んだというニュース、皆様もご覧になられたことと思います。

「日本は世界を破局的な温暖化レベルへ引きずり込みたいのかと真剣に問い

たい」とCAN。家庭部門のCO2排出量削減を進めることが日本の喫緊の課題です

が、「地域センターをコアとし、地域の人材の活用とNPO等と連携しつつ、

地域活動の拡大と充実を図りながら、民生家庭分野における効果的なCO2削減

を促進させる」という命題で、誰がどのようなリーディングをするのか、と

思わされました。

===================================

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆