☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.92  [15 05 01]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 追加募集に係る第8期滋賀県地球温暖化防止活動推進員の委嘱式が

   行われました

◎2 2013年度の温室効果ガス排出量(確定値)が発表されました【環境省】

◎3 『グリーンカーテンプロジェクト』へご参加ください【環境省】

◎4 「環境学習教材集2015」が新聞2誌で紹介されました

◎5 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 追加募集に係る第8期滋賀県地球温暖化防止活動推進員の委嘱式が

   行われました    

 4月8日(水)、追加募集に係る第8期滋賀県地球温暖化防止活動推進員(以

下、「推進員」)の委嘱式及び基礎研修が県庁にて行われ、9名の推進員が委嘱

されました。

 琵琶湖環境部長室にて行われた委嘱式では、三日月知事からの委嘱状が拾井

部長より一人ずつに交付され、「地域のリーダーとして地球温暖化防止活動の

推進にご尽力いただきますことを大変力強く感じております。これからよろしく

お願いいたします」と、推進員の皆さんの活躍に大きな期待を寄せるメッセージ

が伝えられました。

 続いて会場を本館4-A会議室に移し、基礎研修会が開催されました。

 冒頭の琵琶湖環境部温暖化対策課長の挨拶に続き、県の地球温暖化対策政策と

推進員の役割についての説明がされ、当センターからは、センターがサポートす

る推進員の活動内容の説明を行いました。研修後半の、自分の背中に何の家電製

品の絵が貼られているのかを、席を自由に動き質問して当てるというアイスブレ

イクでは、それまでの緊張がほぐれて雰囲気が和み、初対面の方同士が笑顔で会

話を交わされる場面が見られました。

 推進員の皆様の活動内容等につきましては、本メールマガジンおよび

ホームページなどで随時ご報告させていただきます。

---

(参考1)第8期推進員委嘱式・基礎研修の様子(当センターホームページ)

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0100mailmagazine/20150408ishokusiki.html

(URLが2行にわたりうまく開かない場合は、コピーしてブラウザに張り付けてい

ただきますようお願いいたします)

(参考2)推進員とは(当センターホームページ)

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/03promote/promoteindex.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 2013年度の温室効果ガス排出量(確定値)が発表されました【環境省】

 4月14日付で、環境省より2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確

定値)が発表されました。

 2013年度の温室効果ガスの総排出量は、CO2換算で14億800万トンでした。

前年度(2012年度)比1.2%増加の主な理由は、

・火力発電における石炭の消費量の増加

・オフィスやデパート等業務その他部門における電力や石油製品の消費量の増加

であり、製造業、運輸、家庭の各部門は前年度に比べ減少しているとのことです。

 詳細は環境省報道発表資料および、国立環境研究所「温室効果ガスインベント

リオフィス」のサイトをご覧ください。

---

(参考3)環境省報道発表資料

http://www.env.go.jp/press/100862.html

(参考4)国立環境研究所「温室効果ガスインベントリオフィス」

http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20150414/20150414.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 『グリーンカーテンプロジェクト』へご参加ください【環境省】

 環境省では、低炭素社会実現に向けた気候変動キャペーン「Fun to Share」の

一環として、夏のCO2削減及び節電を目的に、ゴーヤやアサガオなどのつる性植

物を育てて作る「グリーンカーテン」を推進する『グリーンカーテンプロジェク

ト』への参加を呼び掛けています。

 今年度は、本プロジェクトの趣旨に御賛同いただいた各地域の自治体や企業・

団体、学校等の「グリーンカーテン」の取組に関する情報を5月7日(木)から

随時募集し、公式WEBサイトなどで紹介していくとのことです。

 詳しくは下記のサイトをご覧ください。

---

(参考5)『グリーンカーテンプロジェクト』公式WEBサイト

http://funtoshare.env.go.jp/green

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 「環境学習教材集2015」が新聞2誌で紹介されました

 センターだより VOL.91でご案内し、センターホームページにも掲載している

「環境学習教材集2015」(http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0102demae

/kyouzaishuu.pdf)が3月15日の中日新聞、3月31日の京都新聞にて、いずれも写

真入りで紹介されました。

 県内の小中学校や公民館などに配布し、新聞の効果もあってか、新規の出前講

座のご依頼が増えています。講師・参加者募集のご案内の際には、みなさま是非

ご参加ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎5 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

◎日 時: 平成27年5月8日(金)15:00〜17:00

 場 所: 野洲市役所 第1委員会室

■大津グループ推進員会議

◎日 時: 平成27年6月16日(火)13:30〜15:30

 場 所: コラボしが21 3階ミーティングルーム1

■近江八幡グループ推進員会議 

◎日 時: 平成27年5月18日(月)13:30〜15:30

場 所: 近江八幡市役所 別館 2階会議室

■平成27年度 推進員研修

◎日 時: 平成27年5月15日(金)14:00〜16:30(受付13:30〜)

 場 所: 草津市市民交流プラザ 大会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

 今年度よりセンターに入職しメールマガジンを担当させていただくことになり

ました、中西と申します。

 これまでは暮らしの中で節電や省エネに取り組むくらいでしたが、温室効果ガ

ス排出量削減のために私にできることを考えて、積極的に業務や自己啓発に取り

組んでいきたいと思います。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

===================================

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆