☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.89  [15 01 30]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 日本における気候変動の影響について

◎2 日本におけるエネルギーミックスに関する意見募集について

◎3 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 日本における気候変動の影響について

 1月20日、環境省が設置する中央環境審議会の地球環境部会気候変動影響評価

等小委員会において、「日本における気候変動による影響に関する評価報告書

(案)」および「日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後

の課題について(意見具申)(案)」(以下、「意見具申(案)」)が公表

されました。

---

(参考1)環境省ホームページ

     中央環境審議会 地球環境部会 気候変動影響評価等小委員会

     第8回 議事次第・配付資料

     http://www.env.go.jp/council/06earth/y0616-08.html

---

 また、1月26日から2月22日の間、意見具申(案)についてパブリック

コメント(意見募集)が行われています。

---

(参考2)環境省ホームページ

     日本における気候変動による影響の評価に関する意見の募集

     (パブリックコメント)について (お知らせ)

     http://www.env.go.jp/press/100238.html

---

 2012年11月のCOP18(ドーハ)では、世界平均気温の上昇を産業革命前に

比べて2度未満に抑えることを国際的に合意しました。しかし、世界平均気温

の上昇が2度以内に抑えられたとしても、日本では気温上昇や降水量の変化

などの気候の変化、海面の上昇、海洋の酸性化などが生じる可能性があり、

その結果、災害、食糧、健康などの様々な面で影響が生じると予想されます。

 気候変動(地球温暖化)の影響を抑えるためには、二酸化炭素などの温室

効果ガス排出量を削減し、森林などで二酸化炭素を吸収する「緩和策」を

とる必要がありますが、それと同時に、将来起こり得る気候変動の影響に

備え、新しい気候条件に対応した生活や農業などの方法をとる「適応策」に

ついても考える必要があります。

 パブリックコメントが行われている意見具申(案)は、日本において今後

どのような気候変動の影響があるかについて、例えば、農業・林業・水産業、

水資源、自然生態系、自然災害、経済活動、国民生活などの分野別に、現在

観測されている気候変動の影響と、将来予測される影響が具体的に整理され

ています。また、それらの影響について、既往研究をもとに、どの程度の

確信度で起こり得るのかがわかるように整理されています。

 今後は意見具申をもとに各省で適応策が検討され、政府が全体を調整し、

今年の夏を目途に「適応計画」が策定され、閣議決定される予定です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 日本におけるエネルギーミックスに関する意見募集について

 経済産業省資源エネルギー庁は、1月23日から「長期エネルギー需給見通し

(エネルギーミックス)に関する意見箱」のサイトを開設し、国民のみなさん

からの意見を募集しています。

---

(参考1)経済産業省資源エネルギー庁 ホームページ

     長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)に関する意見箱

     http://www.enecho.meti.go.jp/notice/topics/031/

---

 意見は上記サイトの送信フォームに入力し送信するか、電子メール、郵送

またはFAXにより提出することができます。意見提出様式の入手その他、詳細

は上記サイトでご確認ください。

 また、経済産業省が設置する総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の

第16回会合と、長期エネルギー需給見通し小委員会の第1回会合の合同会合

が1月30日に開催される予定です。この小委員会では、原子力発電や再生可能

エネルギーなどをどのような比率で使っていくかが議論されます。上記サイト

で寄せられた国民の意見も、この小委員会に報告される予定です。

 なお、審議の模様はU-streamでインターネット中継される予定です。

http://www.ustream.tv/channel/enecho-bukai

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成27年2月13日(金)15:00〜17:00

場 所: 守山駅前コミュニティホール

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成27年2月16日(月)13:30〜15:30

場 所: 滋賀県大津合同庁舎 3A会議室

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成27年2月23日(月)13:30〜15:30

場 所: 近江八幡市役所 別館 環境課2階会議室

■平成26年度 推進員活動報告・意見交換会

日 時: 平成27年3月16日(月)13:00〜16:30

場 所: 滋賀県庁 東館7階 大会議室

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆