☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.82  [14 07 01]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 うちエコ診断士養成セミナー 参加者募集中!

◎2 ご家庭で夏の節電にご協力ください

◎3 エアコンの除湿運転はどれくらい電気を使うの?

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 うちエコ診断士養成セミナー 参加者募集中!

 平成26年度より、環境省の家庭エコ診断制度が正式にスタートし、

第1回のうちエコ診断士・うちエコ相談員資格試験が8月9日に実施されます。

(実技試験は9月に実施)

 滋賀県においても、滋賀県と当センターが連携してうちエコ診断を実施し、

家庭部門のCO2排出量削減と低炭素ライフスタイルの普及を推進します。

 今年度は、制度開始初年度の取り組みとして、広く家庭エコ診断制度への

理解を深めていただくとともに、うちエコ診断士・うちエコ相談員を養成し、

滋賀県におけるうちエコ診断事業を活性化するため、下記のとおりうちエコ

診断士養成セミナーを開催いたします。

 今年度うちエコ診断資格試験を受験される方や、今後、うちエコ診断士・

うちエコ相談員になりたい方など、どなたでも受講いただけますので、

ご関心をお持ちの方は下記までお申し込みください。

■平成26年度うちエコ診断士養成セミナー

日 時: 平成26年7月27日(日) 13:00〜16:30

場 所: コラボしが21 中会議室1

講 師: 大阪大学大学院  教授  下田 吉之 氏

     滋賀県地球温暖化防止活動推進員  竹内 辰郎 氏

受講料: 無料

定 員: 60名 ※先着順、定員に達し次第、受付を終了します。

※ なお、本セミナーに参加いただいても、当センターへの診断士登録を

  保証するものではありません。診断士登録にあたっては、一定の要件

  がありますので、ご注意ください。

【お申し込み方法】

受講を希望される方は次の必要事項をご記入の上、E-mailでお申し込み

ください。

<必要事項>

件名を「うちエコ診断士養成セミナー受講申し込み」とし、本文に氏名、

住所、電話番号、E-mailアドレスを必ず記載してください。

<お申し込み先>

滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

(公益財団法人 淡海環境保全財団)  E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

---

(参考1)うちエコ診断資格試験の実施について

https://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/shindan/implementation.php

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 ご家庭で夏の節電にご協力ください

 滋賀県では7月1日(火)〜9月30日(火)までを節電期間とし、平日9時から

20時までの節電を呼びかけています(8月13日(水)〜15日(金)を除く)。

今夏の電気供給力は全国的にみても昨夏より厳しい状況ですので、ご家庭でも

熱中症など健康上の支障をおよぼさない範囲で、節電にご協力をお願いいたし

ます。

 日常的な節電の具体的対策とその節電効果は次の通りです。

○ エアコンの設定26℃ ⇒ 28℃   10%

○ すだれなどで日差しを和らげる  10%

○ エアコンを消し、扇風機を使用  50%

○ 不要な照明を消す         5%

○ 冷蔵庫の設定を「強」から「中」にし、扉を開ける時間や詰込を減らす

                  2%

○ テレビは省エネモード設定、画面の輝度を下げ、不要時は消す

                  2%

 また、節電クールライフキャンペーンとして、県立文化施設の平日無料開放

も行います。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/setsuden/muryoukaihou2.html

 中長期的な節電・省エネ対策としては、省エネ性能の高い家電製品、

LED照明への買い替えなどが考えられます。

 それぞれのご家庭のライフスタイルに応じた省エネ対策については、

「うちエコ診断」(家庭向けの無料省エネ診断)で個々のご家庭への具体的な

アドバイスを行います(7月1日から受付開始)。うちエコ診断受診にご関心を

お持ちの方は、当センターまでお問い合わせください。

---

(参考2)滋賀県 夏の節電クールアクション2014(県民のみなさんへ)

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/setsuden/kenmin.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 エアコンの除湿運転はどれくらい電気を使うの?

 6月は4日から梅雨入りしましたが、雨の日が少なく、ジメジメして蒸し暑い

不快な日は少なかったように思いますが、みなさんはエアコンの除湿機能を

使用されたことはありますか。

 少し前の調査ですが、平成21年に東京電力がエアコンの除湿機能の使用状況

に関するインターネット調査を行ったことがあり、興味深い結果が報告されて

います(調査の詳細は下記の出典に掲載したホームページをご覧ください)。

 調査は首都圏の主婦321名を対象としており、いずれも自宅に冷暖房エアコン

を設置しています。調査では、梅雨時や夏場のジメジメするときに除湿を行う

という人が約60%おり、除湿方法としては「エアコンを使う」が45.2%と最も

高い割合でした。また、除湿方法としてエアコンを使う人のうち、「ほとんど

除湿モードにしている」と回答した人は、「冷房モードと除湿モードを使い

分ける」と回答した人に比べ、「電気代が安いから(32.8%)」や「冷房は

湿気がとれないから(22.4%)」と考えている方の割合が高いことがわかり

ました。

 実は、除湿の方が冷房よりも電気代が安いというのは必ずしも正しくあり

ません。

 空気を除湿するには、空気を冷やす必要があります。このため、従来からの

除湿モードは「弱冷房除湿」と呼ばれる、空気を冷やしてその範囲で除湿を

行う仕組みを使っていました。しかし、最近のエアコン(特に上位機種)は、

空気の温度をできるだけ下げずに湿度だけ下げるために、「再熱除湿」という

仕組みを採用している場合があります。これは、一度空気を冷やして除湿して

から、再度空気をヒーターで温め直してから吹き出すものです。一度空気を

冷やしてから再度温め直すわけですから、当然、電気も多く必要とします。

 東京電力の発表資料によると、設定温度24度のときの冷房モードの電気代は

1時間当たり11.0円、従来型の弱冷房除湿の場合は4.1円、再熱除湿の場合は

14.9円というデータが出ています(電気料金を22.86円/kWhとした場合)。

 できるかぎりエアコンを使わないのが一番節電になりますが、どうしても

蒸し暑くて除湿したい場合には、ご自宅で使用されているエアコンの除湿機能

が弱冷房除湿なら除湿モードで、再熱除湿なら冷房をかける方が節電になり、

電気代が安く済むことになります。

 なお、体感温度を下げるには気流があることも有効です。人は暑いときに

発汗して体温を調整しますが、湿度が高いと汗が蒸発しないので不快になり

ます。しかし、体の周りに気流があると、発汗によって体の表面で飽和状態

となった水蒸気が層となって体を取り囲んでいる状態から、熱や水蒸気が

動くことになりますので、涼しく感じられます。

 ジメジメして暑い日は、まず自然の風や扇風機などで気流を感じられる

ようにし、それでもどうしても耐えられない場合のみ、上記の方法でエアコン

を使用するようにしてみてはいかがでしょうか。

---

(出典)東京電力ホームページ

    『エアコンの「冷房」と「除湿」の上手な使い方』について

     〜「除湿」に関する使用状況のインターネット調査を実施〜

http://www.tepco.co.jp/cc/press/09070903-j.html

(調査結果ならびに「冷房」と除湿の違いと、上手な使い方)

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu09_j/images/090709g.pdf

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の実績・予定

■出前・啓発 他

下記のホームページに随時掲載しておりますのでご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

日 時: 平成26年7月11日(金)15:00〜17:00

場 所: 草津市立まちづくりセンター 202会議室

■大津グループ推進員会議

日 時: 平成26年8月18日(月)13:30〜15:30

場 所: 滋賀県合同庁舎5A会議室

■近江八幡グループ推進員会議

日 時: 平成26年8月25日(月)13:30〜15:30

場 所: 近江八幡市役所 別館 環境課2階会議室

■平成26年度 第2回推進員研修

日 時: 【彦根会場】平成26年7月12日(土)10:00〜12:00(受付9:30)

【草津会場】平成26年7月19日(土)10:00〜12:00(受付9:30)

     ※ いずれの会場も同じ内容ですのでご都合のいい日程で

       ご参加ください

場 所: 【彦根会場】大阪ガス彦根ショールーム(DIRIPA彦根)会議室

 http://home.osakagas.co.jp/showroom/dilipa_hikone/access/index.html

     【草津会場】大阪ガス草津ショールーム(DIRIPA草津)会議室

 http://home.osakagas.co.jp/showroom/dilipa_kusatsu/access/index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

 当センターの事務所がある淡海環境プラザでは、ゴーヤのグリーンカーテン

に挑戦中です。今年はびわ湖の水草たい肥100%で育てていますが、保水性が

よく、適度に砂が混じっているため排水性もあるので、非常によく育って

きています。花芽が次々出てきていますが、カーテンに仕立てるためには

しばらくは花芽を摘んで葉茎の成長に栄養を回さなければなりません。

まだカーテンになるにはもう少しかかりますが、このまま順調に育ったら、

ホームページでもご報告したいと思います。

===================================

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108 淡海環境プラザ

     TEL 077-569-5301   FAX 077-569-5304

 ★ 当メールマガジンの配信停止をご希望される場合はondanka@ohmi.or.jp

   までご連絡ください。

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆