☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

VOL.75 [13 12 11]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

 目次

◎1 第2回推進員特別研修の報告

◎2 冬の節電ウォームアクション2013-2014

◎3 12月は「地球温暖化防止月間」です

◎4 環境大臣表彰が行われました

◎5 出前講座への講師派遣を募集中!!

◎6 啓発実験器具を貸出中!!

◎7 出前講座・啓発・グループ会議の実績と予定(12月11日現在)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎1 第2回推進員特別研修の報告

平成25年12月1日(日)大津市ふれあいプラザホールで開催された、滋賀大学

環境学習支援士会主催の滋賀大学環境シンポジウム「再生可能エネルギーの

新たな展望に向けて」を、本年度第2回目の推進員特別研修としました。

シンポジウムでは前日本環境学会会長の和田武氏による「再生可能エネルギーの

飛躍的な普及のためには」の基調講演が行われ、再生可能エネルギー先進国

であるドイツやデンマークの事例や国内の市民・地域発電所、電力買い取り制度に

ついて等の発表がなされました。その後、滋賀県知事・嘉田由紀子氏より

「滋賀県における再生可能エネルギーの振興について」、そして、NPO法人

気候ネットワーク代表・浅岡美恵氏により「再生可能エネルギーへの地域の挑戦」

についての話題提供が行われました。

後半のパネルディスカッションでは、田中勝也滋賀大学環境総合研究センター

准教授をコーディネータとして、パネラーの和田氏・嘉田氏・浅岡氏より、滋賀県の

再生可能エネルギーの将来性・可能性、地方自治体や市民主体の再生可能

エネルギー導入の可能性についての意見交換がなされました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎2 冬の節電ウォームアクション2013-2014

   〜家庭で、職場で、県民みんなで取り組み節電対策〜

この冬、関西電力管内では電力需給がひっ迫する恐れは低いと考えられますが、

電力需給が不安定な状態にならないようにするためには、これまで皆様に

取り組んでいただいている節電を着実に実施していただく事が必要です。

県では「冬の節電ウォームアクション2013-2014」により、関西広域連合、

県内各市町、関西電力株式会社などとの協力、連携などをはかりながら

家庭や事業者の方々に昨年と同様の着実な節電を呼びかけていくことと

されました。皆様のご協力をお願いいたします。

《 呼びかけの内容・期間・時間 》

「健康上支障のない範囲で、昨年同様の着実な節電の実施をお願いします」

関西広域連合の目標値: 平成22年度冬と比べて6%削減

期間: 平成25年12月2日(日)〜平成26年3月31日(月)の平日

時間: 9時〜21時


詳細は次の滋賀県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/new-energy/2013setsuden/files/huyu.html

関西広域連合の今冬の節電については次のホームページをご覧ください。

http://www.kouiki-kansai.jp/data_upload/1385022775.pdf


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎3 12月は「地球温暖化防止月間」です

前号でもお知らせをしましたが、12月は「地球温暖化防止月間」です。

冬の節電ウォームアクションやウォームビズを取り入れて、お財布と地球の将来に

やさしい生活を考え、心掛ける機会にしてみませんか。

環境省発表の地球温暖化月間に開催される行事は次のホームページをご覧ください。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17441


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎4 環境大臣表彰の表彰式が行われました

前号で滋賀県地球温暖化防止活動推進員の山本悦子さんが地球温暖化防止活動

環境大臣表彰(環境教育活動部門)の受賞をお知らせしましたが、その表彰式が

12月4日に東京で行われました。山本さんは都合で出席出来なかったため、

当日は当センター職員が代理出席し、石原伸晃環境大臣より表彰状と盾を授与

されました。

12月6日に滋賀県地球温暖化防止活動推進センターにおいて、力石センター長より

山本さんへ表彰状と盾の伝達が行われました。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎5 出前講座への講師派遣を募集中!!

滋賀県センターでは、地球温暖化防止について、無料で出前講座への講師派遣を

行っています。

滋賀県地球温暖化防止活動推進員が、ワークショップ等、様々なプログラムを準

備し、

学校や自治会、企業、その他団体に出向かせていただきます。

滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

電話 077-569-5301 ファックス 077-569-5304

E-メール ondanka@ohmi.or.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎6 啓発実験器具を貸出中!!

この度、株式会社関西アーバン銀行様からのご寄付により、エアロバイク型発電機と

LEDイルミネーションを新たに購入しました。人力による発電を体験し、地球温暖化

問題を考えるきっかけづくりに最適な器具としてご利用いただけます。

その他、各種実験器具など、無料で貸し出しを行っています。

お気軽にお問い合わせください。

滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

電話 077-569-5301 ファックス 077-569-5304

E-メール ondanka@ohmi.or.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◎7 出前講座・啓発・グループ会議の実績と予定(12月11日現在)

■出前・啓発 ほか(実績と予定)

下記のホームページに掲載していますのでご覧ください。

(毎週水曜日更新予定)

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議(予定)

日時 [会場]: 平成25年12月13日(金)15:00〜17:00 [栗東市役所]

■近江八幡市推進員会議(予定)

日時 [会場]: 平成26年2月18日(火)13:30〜16:30 [近江八幡市役所]

■大津グループ推進員会議(予定)

日時 [会場]: 平成26年2月12日(水)13:30から [淡海環境プラザ]

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

===================================

 ■■ 公益財団法人淡海環境保全財団 賛助会員募集【お願い】 ■■

当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

本年も当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しております。

ご賛同いただき、ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【年会費】 - 個人会員 1口  1,000円

  - 企業会員 1口  10,000円

【会員の特典】 - 機関誌「明日の淡海」をお届けします。

      - ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

         ご購入いただけます。

====================================

(編集後記)

冬の訪れ早々に、「米国に寒波来襲 サンフランシスコが寒波に見舞われて4人が

死亡するなど、これまでに少なくとも10人が死亡。アメリカの広い範囲に強い寒波が

流れ込み、モンタナ州やサウスダコタ州ではマイナス29度以下まで気温が下がった」

(テレビ朝日ニュース)と、厳しい寒波のニュースが流れた。

夏の猛烈な熱波、記録的な豪雨、今まで経験したことのない竜巻の被害につづいて、

極めて寒さ厳しい冬の到来を迎えるのか・・・。こうした気候変動を目の当たりに

する度に、待ったなしの地球温暖化防止対策の必要性を感じるのは私だけだろうか。

滋賀県地球温暖化防止活動推進員の皆さんと共に、県民の皆さんへの普及啓発が

急がれる。来るべき新しい年にも、地道な取り組みだが一歩ずつ前進するように

取り組んでいかなければならないと考えている。

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

【事務所は下記に移転しました】

〒525−0066 滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108番地

淡海環境プラザ(旧水環境科学館)

電話番号 077−569−5301 

FAX番号 077−569−5304

 ★滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのメールマガジンの配信停止は

     ondanka@ohmi.or.jp までご連絡ください

           

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□