☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.64  [13 01 04]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 2月3日「2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト」報告会を開催

◎2 2011年度温室効果ガス排出量(速報値)<環境省公表>について

◎3 2月16日・17日「低炭素杯2013」が開催されます

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の12月実績、1月予定(1/4時点)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 あけましておめでとうございます。

 旧年中は大変お世話になりありがとうございます。

 本年も引き続きご指導、ご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

              滋賀県地球温暖化防止活動推進センター 一同

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 2月3日「2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト」報告会を開催

 本メールマガジンでも何度かご案内しておりますが、「2012夏 おうみ節電

アクションプロジェクト」報告会の開催が近づいてまいりました。

 本プロジェクトの結果詳細につきましては、現在報告書をとりまとめており

ますが、人と人のネットワークで生み出された本プロジェクトの成果からは、

今後の地球温暖化対策の展開について重要なヒントが多く見いだされました。

 また、個々の参加者の皆様の取組には節電を楽しむ工夫について記録票を

通じて多数ご紹介いただきました。暮らしに工夫を加えて楽しみながら節電

しましょう、という本プロジェクトの呼びかけに対し、多くの方々が応えて

くださったことを、心より御礼申し上げます。

 そして、企業・団体・自治会等で力を合わせて取り組んでくださった皆様

は、それぞれに大変なご苦労があったと伺っておりますが、みんなで協力し

節電に取り組むために様々な工夫をしていただいたことと存じます。

 ご参加・ご協力いただいた皆様の工夫を凝らした取り組みを広くお伝えし、

またこのプロジェクトから得られた地球温暖化対策のヒントを参加者の方々

だけでなく、広く皆様にお伝えすることで、地域全体の低炭素化に生かして

いただけましたら幸いです。

 皆様ぜひお誘いあわせの上、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

  日 時: 2013年2月3日(日) 13:00〜16:00 (開場 12:30)

  場 所: 野洲文化ホール 小劇場 (野洲市小篠原2142)

  内 容: 京都大学名誉教授 内藤正明氏(本プロジェクト監修者)講演

       本プロジェクトの成果報告

       節電の取組に対する表彰 等

  参加費: 無料       

  定 員: 300名 (先着順)

 ★ 参加者の皆様には本プロジェクトの報告書をいち早くお渡しいたします。

 ※ 参加をご希望の方は、件名を「節電プロジェクト報告会申込」として

   いただき、お名前、ご住所、お電話番号、FAX、E-mail、お申込み人数

   (代表者含む)をお書きの上、本メールへの返信にてお申込みください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 2011年度温室効果ガス排出量(速報値)<環境省公表>について

 環境省は2011年12月5日、2011年度の日本国内の温室効果ガス排出量の速報値

を公表しました。

 公表資料によると、2011年度の国内の温室効果ガス総排出量は13億700万t-CO2

で、基準年(※)比3.6%の増加、前年度比3.9%の増加となっており、東日本

大震災の影響等により火力発電の増加によって化石燃料消費量が増加したこと

などが原因として挙げられています。

 なお、この数値は速報値であり、確定値は2013年4月に公表される予定です。

※基準年・・・CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年

---

(参考)環境省ホームページ

 2011年度(平成23年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16054

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 2月16日・17日「低炭素杯2013」が開催されます

 未来に向けて低炭素社会をつくるために、全国で展開されている様々な草の根

の活動を広く発信し、様々な方々と交流を深め、学びあい、連携の輪を広げて

いくため、今年度も「低炭素杯2013」が開催されます。

■「低炭素杯2013」の開催概要

【日程】

<1日目> 2013年2月16日(土)13:00〜17:30(12:00開場)

<2日目> 2013年2月17日(日)13:00〜16:30(12:00開場)

【会場】 東京ビッグサイト 国際会議場(東京都江東区有明3-11-1)

【入場料】無料

【主催】低炭素2013実行委員会

    委員長 小宮山宏:プラチナ構想ネットワーク会長、

    三菱総合研究所理事長、東京大学総長顧問

【共催】株式会社LIXIL、一般財団法人セブン-イレブン記念財団、

    一般社団法人地球温暖化防止全国ネット

【後援】環境省、プラチナ構想ネットワーク

■「低炭素杯2013」への来場申込方法

インタ−ネットの場合:低炭素杯2013ウェブサイト内『来場者募集について』

           の入力フォ−ムよりお申し込み下さい

          URL: http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2013/

FAXの場合:「低炭素杯2013ご来場申込書(FAX用)」 にご記入のうえ、事務局

      までお送り下さい

          FAX: 03-5280-8100

          申込締切日:2013年2月11日(月)17:00

---

(参考)環境省ホームページ

 「低炭素杯2013」の一般参加者募集について

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16064

(参考)低炭素杯2013 ホームページ

http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2013/index.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の12月実績、1月予定(1/4時点)

■出前・啓発 他

下記のホームページに掲載しておりますのでご覧ください。

(毎週木曜更新予定)

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ推進員会議

◎日 時: 2013年1月11日(金)15:00〜17:00

 場 所: 野洲市人権センター 2階 じんけん交流研修室

■近江八幡市推進員会議

◎日 時: 2013年1月24日(木)13:30〜16:30

 場 所: 近江八幡市役所

■大津グループ推進員会議

◎日 時: 2013年2月14日(木)10:00〜12:00

 場 所: 滋賀県大津合同庁舎 5D会議室


■第4回推進員研修会

◎日 時: 2013年2月3日(日)13:00〜16:00

 場 所: 野洲文化ホール 小劇場 (JR野洲駅から徒歩3分)

※ 駐車場が限られておりますので、公共交通機関をご利用ください。

※ 「2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト報告会」への参加を

  研修会への参加とします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

 2012年は再生可能エネルギー固定価格買取制度や地球温暖化対策税など、

地球温暖化対策の柱となる制度が次々と施行されました。

 両制度は私たちの家計にも影響のある政策であるため、比較的関心も高い

ものだったのではないかと思います。中には「我が家ではどれだけ負担が

増えたのか」まで具体的に調べた方もおられるかもしれません。

 昨年夏に実施した「2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト」では、

多くの方が「電気の使用量のお知らせをはじめてちゃんと読んだ」との声を

お聞きしています。まずは身近なエネルギーの伝票に何が書かれているかを

知ることが、家庭での地球温暖化対策の第一歩と考えられます。

 まだご覧になったことのない方も、新年から心機一転、身近な伝票の確認

からはじめてみませんか。今年もみんなで地球温暖化対策に努めましょう!

===================================

===================================

 ■■ 公益財団法人 淡海環境保全財団 賛助会員募集(お願い) ■■

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 当財団の活動をご支援いただける賛助会員を募集しておりますので、どうぞ

ご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   

     電話:077-524-7168

     FAX:077-524-7178

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒520-0807 滋賀県大津市松本1-2-1

 ◎ 滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのメールマガジンの配信停止は

     ondanka@ohmi.or.jp までご連絡下さい

           

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆