☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                         VOL.60  [12 09 04]

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 家庭の節電対策(2): 住まいの暑さ対策について

◎2 家庭の無料省エネ診断の受診者を募集しています

◎3 2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト報告会開催について

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の8月実績、9月予定

◎5 淡海環境保全財団からのお願い

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 家庭の節電対策(2): 住まいの暑さ対策について

 暦の上では処暑を過ぎましたが、9月に入っても残暑厳しい日々が

しばらく続きそうです。

 「住まいは夏を旨とすべし」とはご存じ徒然草の一節ですが、昔から

日本の家屋は庇が深く夏の日射を室内に入れないようになっており、

また大きな窓や建具を開放することで通風を十分に確保できるつくりに

なっていました。

 しかし、夏の外気温が35度を超える日もあるような現在においては、

冷房機器を使用せずには健康を保てない場合もあります。

 そこで、通風については夜間など外気温が低い時間帯にできる限り

取り入れることとして、今回は日射を遮る効果について考えたいと

思います。

 夏の昼間、冷房時に窓から住宅内部に熱が入る割合は約7割程度と

いわれています(参考資料1より)。

 これは窓から日差しが入ることによるものが大きく、また窓ガラスが

外気の熱で温められ、その熱が室内に放射されることも大きな影響が

あります。

 そのため、夏の暑さ対策は日差しを遮ること、更にできる限り窓の外で

遮ることで窓ガラス自体が温まりにくくなるようにすることが効果的です。

 具体的に窓ガラスの外で日差しを遮るのと、室内側で日差しを遮るのと

では、どれくらい効果が違うのか、参考として次の表1を見てみましょう。

<表1:ガラス種類別の付属部材の日射侵入率>

------------------------------------------------------------------

|ガラスの種類|付属部材| レース |  内付  |紙障子|  外付  |

|      | なし |カーテン|ブラインド|   |ブラインド|

------------------------------------------------------------------

| 単板ガラス | 0.88 | 0.56 |  0.46  | 0.38 |  0.19  |

------------------------------------------------------------------

| 複層ガラス | 0.79 | 0.52 |  0.44  | 0.37 |  0.17  |

------------------------------------------------------------------

(出典:参考資料2より一部抜粋)

 ここで「付属部材」とは、レースカーテン、内付ブラインド、紙障子、

外付ブラインドのことです。

 また、「日射侵入率」は窓に入射する日射を1.0としたときの、室内に

流入する熱量の割合のことです。室内に流入する熱量は、ガラスのように

透明な部分を透過する熱量と、建具枠のような不透明な部分で日射熱が

吸収された後、その部分から室内側へ再放射し流入する熱量の合計です。

 夏の暑さ対策としては、「日射侵入率」の数値が小さい方が有利に

なります。

 (冬の寒さ対策としては、日射熱を多く取り入れることが有効なので

夏の場合とは逆に「日射侵入率」の大きいものが有利になります。)

 表1を見ると、単板ガラス、複層ガラスともに、外付ブラインドを設置

した場合、内付ブラインドと比較して日射侵入率が約3分の1になることが

わかります。日差しを窓の外で遮ることの有効性がわかります。

 住宅の外壁や庇、ベランダ等の形状によって、オーニング、すだれや

よしずなどを利用したり、太陽がある方角の雨戸を閉めるなどして日射を

遮ると冷房効果を高めることができます。

 これから徐々に太陽高度も低くなってきますので、日射が室内に入りやすく

なるかと思います。引き続き日射遮蔽などの対策をしていただき、更なる

節電にご協力くださいますようお願いいたします。

(参考資料1)

エコリフォームPRO 技術マニュアル ―木造住宅の断熱改修のすすめ―

エコリフォームコンソーシアム・編著、(財)日本環境協会・発行、2010

(参考資料2)

住宅の省エネルギー基準の解説(第3版)

住宅の省エネルギー基準の解説 編集委員会・編、

(財)建築環境・省エネルギー機構・発行、2010 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 家庭の無料省エネ診断の受診者を募集しています

 滋賀県と滋賀県地球温暖化防止活動推進センターは、省エネ診断の

受診者を募集しています。

 省エネ診断では、あなたの家庭の電気、ガス、灯油、ガソリンなどの

エネルギー使用量と、生活スタイルをもとに、“どこから・どれだけ”

CO2が出ているかを分析し、診断結果をもとにあなたの家庭にぴったりの

“オーダーメイド型 省エネ対策”をご提案します。

 省エネ診断は、環境・エネルギーの専門家である“省エネ診断員”が

無料にて行います。

(省エネ診断員がご自宅を訪問する「訪問診断」または、複数名が

ご一緒にお申込みいただき、会議室等で行う「会場診断」も可能です。)

 お申込みは随時受け付けております。是非ご利用ください。

(参考)省エネ診断

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0107shoene/2010entry.xls

〜〜〜

★10月に予定されている省エネ診断(会場診断)

●長浜市消費生活フェア

  日 時: 2012年10月13日(土) 12:30〜16:00

  場 所: 湖北文化ホール周辺(長浜市湖北町速水2745番地)

●甲賀市エコフェスタ

  日 時: 2012年10月27日(土) 10:00〜15:30

  場 所: 忍の里プララ(甲賀市甲南町竜法師600番地)

●浜大津フェスタ・おおつエコ祭り

  日 時: 2012年10月28日(日) 13:30〜15:30

  場 所: 明日都浜大津5F(大津市浜大津4丁目1-1)

上記のイベントで省エネ診断受診を希望される方は、下記連絡先まで

お問い合わせください。ご希望の時間を予約していただくことができます。

なお、受診にかかる時間は40分〜1時間程度です。

  電話:077-524-7168  E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎3 2012夏 おうみ節電アクションプロジェクト報告会開催について

 2012夏 おうみ節電アクションプロジェクトに多数のご参加をいただき、

誠にありがとうございます。約4,000世帯の皆様に参加登録をいただいており、

10月15日までに記録票のご提出をお願いしております。皆様の節電の結果は

報告書に取りまとめ、報告会にて発表させていただくこととしております。

  日 時: 2013年2月3日(日) 13:00〜16:00

  場 所: 野洲文化ホール 小劇場 (野洲市小篠原2142)

  内 容: 京都大学名誉教授 内藤正明氏(本プロジェクト監修者)講演

       本プロジェクトの成果報告 等

  参加費: 無料       

  定 員: 300名

 ※ 参加をご希望の方は、件名を「節電プロジェクト報告会申込」として

   いただき、お名前、ご住所、お電話番号、FAX、E-mail、お申込み人数

   (代表者含む)をお書きの上、本メールへの返信にてお申込みください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎4 出前講座、啓発、グループ会議他の8月実績、9月予定(9/3時点)

■出前・啓発 他

下記のホームページに掲載しておりますのでご覧ください。

(毎週月曜更新)

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0105schedule/0105schedule.html

■黄色グループ(自主グループ)推進員会議

◎日時:平成24年9月14日(金)15:00〜17:00

 場所:野洲地域総合センター 2階

■近江八幡市推進員会議

◎日時:平成24年9月6日(木)13:30〜

 場所:近江八幡市役所

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎5 淡海環境保全財団からのお願い

 前号、前々号のメールマガジンで賛助会員を募集いたしましたところ、多数

の方からご賛同をいただきました。心より御礼申し上げます。

 引き続き当財団の活動を応援をしていただける賛助会員を募集しております。

 当財団は平成5年に設立され、琵琶湖のヨシ群落の保全などの琵琶湖の環境

保全や地球温暖化防止活動に取り組んでいます。

 どうぞご加入くださいますよう、お願い申し上げます。

【会費】 個人会員 1口  1,000円(年)

     企業会員 1口  10,000円(年)

【会員の特典】

     ・機関誌「明日の淡海」をお届けします。

     ・ヨシ製品(ヨシ紙・ヨシはがき・ヨシしおり等)を2割引で

      ご購入いただけます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

===================================

(編集後記)

 湖南市では「湖南市地域自然エネルギー基本条例」の制定が検討されるなど

滋賀県内では再生可能エネルギーの導入への関心が徐々に高まってきています。

 滋賀県では7月から、再生可能エネルギー振興戦略検討委員会を設置して、

「滋賀県再生可能エネルギー振興戦略プラン」策定に関する議論を進めて

います。当センターからは来田キャリアアドバイザーが委員として参加して

います。これまでに実施された第2回までの会議では、プラン策定のための

論点整理などの議論が行われています。本委員会は公開で開催されています。

議論の経過については、次号にてご紹介したいと思います。

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   

     電話:077-524-7168

     FAX:077-524-7178

     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

     〒520-0807 滋賀県大津市松本1-2-1

 ◎ 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター  

   のメールマガジンの配信停止は ondanka@ohmi.or.jp へご連絡下さい

           

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆