☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆
滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより
                      VOL .45  [ 11 04 27 ]

===================================

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
 また、地震発生以来、現地で復興の支援活動に尽力されている関係各位には、心より敬意を表します。

===================================
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 「今こそ、節電対策でCO2削減の習慣化を!」

◎2 出前講座、啓発、グループ会議、他 4月実績、5月予定(4/25時点)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 「今こそ、節電対策でCO2削減の習慣化を!」

 ◆ JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)のアピールから

 多くの人命を奪い、言語を絶する甚大な被害をもたらしている今回の巨大地震。すべての関係各機関がそれぞれの領域で今出来ることに対し全力を尽くしておられる中、JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)も「東京電力管内 地域地球温暖化防止活動推進センター 節電協同行動に関するアピール」を出しています。 ↓
http://www.jccca.org/info/2011/04142357.html

 このアピールでは節電対策への取り組みが何よりも一番に強調されています。
 東京電力管内のこの夏は、電力供給力が4,500万キロワット前後と見込まれる一方で、大ピーク時の使用電力は約5,500万キロワットと予測されています。
 予想される1,000万キロワットの電力不足と計画停電を出来る限り回避するためには、例えばエアコンの設定温度を上げるなど、「効果的な節電対策」の重要性が訴えられています。

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜    

 ◆ 節電対策は、
   温室効果ガスCO2削減のねらいを言うまでもありません。
 しかし、節電対策(野放図な電力の消費の削減)については、JCCCAも読者もすでにご承知の通り、地球温暖化の問題で、警告の赤ランプがつけられ、その原因ともなっているCO2の抑制が、すでに啓発され続けてきました。このことは、日頃からの大きな課題、喫緊の課題でもありました。

 掃除機でも洗濯機でも、冷蔵庫でも、昔は頭に「電気」とつけた時代がありました。いつしか「電気」が消えたのは、それが空気のように大量消費して当たり前というような存在になってしまったからではないでしょうか。
 我々は、このこと自体の反省の地点にもすでに立ち、「節電行動」を呼びかけ実践してきたのです。

 さて、今回のメルマガでは、環境省の「東日本大震災への対応について」の
ホームページ         ↓
http://www.env.go.jp/jishin/index.html
から、あらためて節電対策の項目や関連させたい項目をご紹介します。

 以下のアドレスの紹介をご覧頂く中で、「効果的な節電対策 → CO2削減」の一助となれば幸です。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・環境省の「東日本大震災への対応について」の節電対策のホームページ
 ↓
http://www.jccca.org/about/works/setuden21.html
 リビング、台所、お風呂での具体的な取り組みの1時間当たりの削減電力消費量の表を分かりやすく掲載されています。

・みんなで節電アクション
http://www.challenge25.go.jp/setsuden/
 (オフィス、家庭に分けて「節電アクション」「(各)それぞれが出来る七つのポイント」といった観点から分かりやすい取り組み方法が掲載され、
 家庭の中で特に電気消費量が多いエアコン(25.2%)、冷蔵庫(16.1%)、照明(16.1%)、テレビ(9.9%)のグラフ資料(平成16年:資源エネルギー庁)や、オフィス専門部門の消費先割合、空調(28%)照明(40%)、コンセント(32%)の構成グラフ(省エネルギーセンター HP)なども掲載されています。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 眉間にシワを寄せて取り組むより、目尻にシワの笑顔で取り組んでいける豊富な実践例が、上記のサイトに示されています。

  ==============================

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 出前講座、啓発、グループ会議 他 4月実績、5月予定
                          (4/25時点)
===================================

 出前・啓発 他

3月 5日 10:00〜16:00 彦根市くらしと環境フォーラム 彦根市文化プラザ 彦根市 啓発
3月 6日 10:00〜16:00 びわ湖毎日マラソン大会 皇子山総合運動公園 大津市 啓発
3月 6日 10:00〜12:00 三雲まちづくり協議会/生涯学習部会 平松区公民館 湖南市 出前
3月 8日 10:00〜12:00 竜王町消費生活グループ研修 コラボしが21 大津市 出前
3月13日 10:00〜15:00 市民環境スクール(彦根市環境保全指導員連絡会議) 沖島 近江八幡市 啓発
3月21日 13:00〜16:00 長浜アメニティー会議 湖北文化交流センター 長浜市 啓発
4月16日 10:00〜16:00 大津花フェスタ 由美浜サンシャインビーチ 大津市 啓発(中止)
4月17日 10:00〜16:00 大津花フェスタ 由美浜サンシャインビーチ 大津市 啓発(中止)
4月29日 13:00〜15:00 伝承遊びなかよしクラブ 船町会館 長浜市 出前
4月30日 9:00〜12:00 市民環境井戸端会議/近江八幡市水と緑の環境ネットワーク ひまわり館 近江八幡市 啓発
5月 9日 10:30〜12:00 うり坊の会 すこやかセンター 守山市 出前
5月12日 9:30〜11:40 「よろず大学」教養講座 コミュニティセンターしのはら 野洲市 出前
5月18日 10:00〜12:00 地域教育学級「さわやか学級」 河西公民館 守山市 出前
5月25日 10:00〜11:30 栗東市健康推進員連絡協議会 森の未来館 栗東市 出前
5月29日 13:30〜14:45 日本バイリーン(株)OB会 ライズヴィル都賀山 守山市 出前

黄色グループ(自主グループ)推進員会議
◎日時: 平成23年 5月13日(金)15:00〜17:00
 場所: 野洲市役所別館1階会議室
 
===================================
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   
     電話:077-524-7168
     FAX:077-524-7178
     E-mail:ondanka@ohmi.or.jp
     〒520-0807 滋賀県大津市松本1-2-1

 ◎ 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター  
   のメールマガジンの配信停止は ondanka@ohmi.or.jp へご連絡下さい
           
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆