☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                            VOL .44  [ 11 03 29 ]

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

目 次

◎1 「 続 センター啓発グッズ の ご紹介」

◎2 出前講座、啓発、グループ会議、他  3月実績

                        ( 3/ 25 時点 )
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「 続 センター啓発グッズ の ご紹介」 
 滋賀県温暖化防止活動推進員さんが各団体から温暖化防止の啓発依頼を受けまして現地へ啓発活動に行かれたり、またそこで地球温暖化防止をねらったグッズや体験器具を説明(器具の紹介)したりします。

 現在までの啓発効果および人気の高かったグッズを、
 以下のvol. 414243 のメールマガジン 

         http://www.ohmi.or.jp/ondanka/center/ML/041.html

         http://www.ohmi.or.jp/ondanka/center/ML/042.htm

         http://www.ohmi.or.jp/ondanka/center/ML/043.html
 にて紹介をしてきましたが、
 引き続き今回号では、「新 規 購 入」 しました下記2点のグッズについてご紹介します。

--------------------------------------------------------------

新 規 購 入 グ ッ ズ

7 「 燃料電池自動車H2G0 」

 燃料電池自動車の本体サイズは、横幅10cm×長さ23cm×高さ5cmです。
 ソーラーパワーや電気の力で水素ガスを発生させ、水素ガスを自動車のボディーの中にある風船に取り込んで燃料とし、リモコンでハンドル操作をしながら動かすことが出来ます。水素ガス燃料は燃焼(酸素と結合)して、水となりますので、CO2を排出しない究極の水素ガス自動車の実験機()です。長机を2つ組んで机の周囲をミニガードレール(ボール紙で作成)で囲えば、その中でビュンビュン走り出す様を、ぜひご覧いただきたいものです。

8 「 ペルチェ発電・冷却実験器 」

 ペルチェ発電・冷却実験器の本体サイズは、横幅16cm×奥行き11cm×高さ15cmです。
前面に11cmの小さなプロペラとモーター、本体左右にお湯か氷を入れる注ぎ口がついた、一見やや奇妙な形の実験機です。
 これに、小さなろうと状の口へお湯をほんの少し注いだだけで、4〜5秒後に、プロペラが勢いよく回転を始めます。編者が試したときは、なんと2分以上回転していました。
 この現象は、取り扱い説明書を読むと「本器にペルチェ素子を使った温度差による簡易発電(ゼーベック効果)」であると書かれていました。素子の表裏に温度差が与えられたことによって電流が生じたということです。
 この実験の後、放熱フィンを霧吹きなどで冷やしてやると、また起電します。再び温度差が生じたからです。
 ペルチェ素子のそもそもの起電原理を編者は正確かつ科学的には説明できませんが、とにかくこのグッズも科学的好奇心を起こさせると同時に、全く化石燃料を使用しない、たとえば自然、天然の熱による「温度差発による発電」を考えさせてくれます。

( ちなみに温度差発電でインターネットを検索してみましたら、

原理的な観点から
http://www005.upp.so-net.ne.jp/barkhorn/home19.HTM

海水利用の観点から
http://www.se.saga-u.ac.jp/rigaku/kaiyou/index.html
 などをみつけました。このほかにも、沢山みつかります。 )

 掌(てのひら)に乗るぐらいの不思議な実験器から、CO2排出削減への科学的思考、チャレンジを提供するものとして、ぜひお試しいただきたいグッズです。 

--------------------------------------------------------------

7、8とも、これからの啓発イベントに注目されるグッズになると編者は予想しています。

==============================

備考
 上記7及び8は、センター貸出物件としても取り扱っています。
  お貸しするにあたっては、センターの簡単な取り扱い説明(紙面でも可能)を受けてください。
 なお、啓発・出前講座のグッズは、
  主催者各位が、センター(大津合同庁舎6F)へ来ていただき搬出入をお願いします。
  グッズが多岐にわたる時は、台車をご用意ください。(庁舎での搬出入にセンターの台車もご使用できますが、当日のイベント、会場へはお貸しできません。)
 各依頼、ご申請については事前にお電話等でご一報ください。
                    (センター 係 高木)

==============================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 出前講座、啓発、グループ会議 他 3月実績 他

                          (3/ 25 時点)

===================================

 出前 ・ 啓 発 他

3 5 10:0016:00 彦根市くらしと環境フォーラム  彦根市文化プラザ 彦根市 啓発

3 6 10:0016:00 びわ湖毎日マラソン大会         皇子山総合運動公園 大津市 啓発

3 6 10:0012:00 三雲まちづくり協議会/生涯学習部会  平松区公民館 湖南市 出前

3 8 10:0012:00 竜王町消費生活グループ研修 コラボしが21  大津市 出前

313 10:0015:00 市民環境スクール(彦根市環境保全指導員連絡会議) 近江八幡市沖島 近江八幡市 啓発

321 13:0016:00 長浜アメニティー会議 湖北文化交流センター   長浜市 啓発

黄色グループ(自主グループ)推進員会議

日時:平成23年 4月 8日(金)15:00〜17:00
 場所:栗東市役所2階第3会議室

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   

     電話 :077−524-7168
     FAX:077−524-7178
     E-mailondanka@ohmi.or.jp
     〒520-0807 滋賀県大津市松本 1−2−1
  滋賀県地球温暖化防止活動推進センター のメールマガジンの配信停止は
 ondanka@ohmi.or.jp へご連絡下さい

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆