☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

 

滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                            VOL . 38  [ 10 10 01 ]

 

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

目 次

◎1 「ココが知りたい地球温暖化」の書籍、及びリーフレットのご紹介

◎2 出前講座、啓発、グループ会議、他  9月実績・10月予定

                         ( 9/30   時点 )

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎1 「ココが知りたい地球温暖化」の書籍、及びリーフレットのご紹介 

  [ 書籍のご紹介 ]

 国立環境研究所地球環境研究センター(下段注1)のセンターニュース掲載の「ココが知りたい地球温暖化」(以下「ココ知り」と略)は本センターだよりでも、コラム作りに何回となく参考にしてきました。

 http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/qa_index-j.html

「ココ知り」は2009年2月の54回目の号で終了していますが、そのシリーズを書籍にした2冊目が発行されています。「ココ知り」には、地球環境研究センター(温暖化リスク評価研究室長)江守正多氏の解説や、そのほか錚々たる科学者、研究者の解説が掲載された地球温暖化防止の科学的研究にかかわる解説書として第一級のコラム解説がされています。

◆◆「ココが知りたい地球温暖化2」の書籍の詳細は下記の通りです。◆◆

書 名: 気象ブックス032 ココが知りたい地球温暖化2
著者名: 独立行政法人 国立環境研究所 地球環境研究センター
出版社: 成山堂書店
ISBN 978-4-425-55311-2
定 価: 1890円(本体1800円)
出版年月: 20103
版型(サイズ):四六判
ページ数:220ページ
--------------------------------------------------------------

 さて、「ココ知り」は「地球温暖化にまつわるよくある質問、素朴な疑問に、国立環境研究所の第一線の研究者にズバリ答えてもらいます。」(笹野 泰弘地球環境研究センター長)の主旨のもと、

「研究者が書く以上、本質的な論理や概念を伝えることに手を抜くべきではなく、これをどう工夫してわかってもらうかが勝負」(江守正多究室長)の意気込みで書かれてきましたシリーズです。本欄でもこの息吹、意気込みを再度是非伝えたく、 上記の書籍の紹介とともに下欄、リーフレットについても、そのアドレスや柱となっている標題(略記されたものを掲載)を挙げることで読者各位にご紹介します。

[ PDF リーフレットの紹介 ]
◆◆一括してPDF資料をダウンロードの場合は、から◆◆
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/print/coco.pdf

各項目でダウンロードしたい場合は、から
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/qa_index-j.html

内容事項
1  コンピュータを使った100年後の地球温暖化予測 [PDF: 816KB]
2  海面上昇で消える島国 [PDF: 788KB]
3  地球全体の平均気温の求め方 [PDF: 728KB]
4  二酸化炭素の削減と生活の質 [PDF: 928KB]
5  海と大気による二酸化炭素の交換 [PDF: 820KB]
6  植林による温暖化対策 [PDF: 812KB]
7  二酸化炭素の増加が温暖化をまねく証拠 [PDF: 952KB]
8  気温上昇抑制の目標 [PDF: 892KB]
9  温暖化と極端な気象現象との関係 [PDF: 816KB]
10  途上国の温暖化対策は? [PDF: 972KB]
11  海洋酸性化の影響 [PDF: 908KB]
12  温暖化対策の緊急性 [PDF: 748KB]
13  海面上昇とゼロメートル地帯  [PDF: 860KB]
14  森林の二酸化炭素吸収量の測定方法 [PDF: 796KB]
15  氷床コアからわかること [PDF: 1.2MB]
16  気温変化予測に幅があるのは? [PDF: 1.3MB]
17  温暖化で死亡者が増加する? [PDF: 1MB]
18  オゾン層破壊が温暖化の原因? [PDF: 1.3MB]
19  二酸化炭素を回収・貯留する技術とは? [PDF: 1.1MB]
20  台風やハリケーンによる被害の増加は温暖化の影響? [PDF: 1.1MB]
21 「炭素税」は効果がある? [PDF: 1MB]
22  水蒸気の温室効果 [PDF: 1.2MB]
23  排出削減目標を達成できない場合 [PDF: 1.3MB]
24  温暖化で収穫量は減る?増える? [PDF: 1.1MB]
25  森林減少の防止による温暖化対策 [PDF: 1.2MB]
26  2050年までに排出量半減とは? [PDF: 1.3MB]
27  エアロゾルの温暖化抑止効果 [PDF: 1.1MB]
28  IPCC報告書とは? [PDF: 1.2MB]
29  二酸化炭素以外の温室効果ガス削減の効果 [PDF: 1.2MB]
30  車のかしこい使い方 [PDF: 1.2MB]
31  世界の水不足、原因は温暖化? [PDF: 1.3MB]
32  温暖化の「対策費用」とは? [PDF: 1.1MB]
33  太陽黒点数の変化が温暖化の原因? [PDF: 1.1MB]
34  排出権取引成功のカギと適切な国内対策 [PDF: 1.1MB]
35  サンゴの白化は温暖化のせい? [PDF: 1.3MB]
36  国際会議ー日本の主張は誰が決める? [PDF: 780KB]
37  温暖化と生物の絶滅 [PDF: 944KB]
38  リサイクルって温暖化対策になるの? [PDF: 908KB]
39  もっと知ろう!温暖化 [PDF: 1MB]
40  温暖化は暴走する? [PDF: 628KB]
41  1990年比マイナス6%の削減目標 [PDF: 728KB]
42  石油がなくなれば温暖化は解決? [PDF: 732KB]
43  海から二酸化炭素が放出された? [PDF: 808KB]
44  日本でもマラリア流行? [PDF: 696KB]
45  省エネ製品に買い替えるべき? [PDF: 676KB]
46  カーボン・オフセットって何? [PDF: 808KB]
47  森林の減少と二酸化炭素吸収量 [PDF: 676KB]
48  寒冷期と温暖期の繰り返し [PDF: 996KB]
49  気候のシミュレーションモデルはどんな結果でも出せる? [PDF: 732KB]
50  バイオマスエネルギーは温暖化対策に有効? [PDF: 712KB]
51  呼吸で大気中の二酸化炭素が増加する? [PDF: 808KB]
52  家庭でできる温暖化対策 [PDF: 828KB]
53  多くの意味が共存する「セクター別アプローチ」 [PDF: 816KB]
54  暑い日が増えたのはヒートアイランドが原因? [PDF: 792KB]

  -----------------------------------------------------------

上記のように列挙すると、見た目もちょっと壮観ですが、
実際の具体的な展開は、

例えば1を挙げると、
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/1/1-1/qa_1-1-j.html
 「コンピュータを使った天気予報で1週間先の天気もあたらないのに、コンピュータを使ったって50年後、100年後のことがわかるはずがないのではありませんか。」と言う質問で起こされたり、

34なら
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-2/qa_17-2-j.html
京都議定書では、「排出権取引」といって他国の排出削減量をお金で買うことができるそうですが、それでは自国の削減が進まないのではありませんか。  と言った質問などから興味深く始まっています。

48
Q 寒冷期と温暖期は定期的に繰り返しており、最近の温暖化傾向も自然のサイクルと見る方が科学的ではないのですか。また、もうすぐ次の寒冷期が来るのではありませんか。

A 過去に氷期と間氷期がほぼ周期的に繰り返されてきました。この気候変動は、主として地球が受け取る太陽エネルギー量(日射量)の変動に起因すると考えられています。しかし、20世紀後半からの温暖化は、日射量変動のみでは説明できず、大気中の温室効果ガス濃度の人為的な増加が主因であることがわかっています。また、2万〜10万年スケールの日射量変動は理論的に計算でき、日射量変動による将来の氷期が今後3万年以内に起こる確率は低いと予測されています。近い将来に寒冷期が始まるとは考えられていません。
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/24/24-2/qa_24-2-j.html
といったふうにさきに結論が示され、その後詳細かつ明解な解説が展開されていくかたちに全編、工夫されています。

他にも、

34 京都議定書では、「排出権取引」といって他国の排出削減量をお金で買うことができるそうですが、それでは自国の削減が進まないのではありませんか。
http://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/17/17-2/qa_17-2-j.html
といった質問から展開され、思わず引き込まれて、最後まで読まされてしまいます。

 編者も全編読めていないのに勧めるのも、何ですがぜひご自身の興味を持っておられる事柄から読んでいただくのも一考です。

====================================

(注1) 国立環境研究所地球環境研究センターについて

http://www.cger.nies.go.jp/ja/about/
地球環境研究センターは、人類が地球環境に及ぼす影響を科学的に解明し、的確な環境保全対策を講ずるための基礎づくりを行うことを目的に、わが国の地球環境研究に関わる中核的機関として1990年に発足。現在、国立環境研究所における地球温暖化研究の中心的組織として地球温暖化研究プログラムを推進するとともに、地球環境モニタリング・データベース構築、スーパーコンピュータの運用・データ解析環境の整備などの研究支援、学際的・省際的・国際的な地球環境研究の総合化など地球環境研究を基盤的に支える事業をセンター事業として実施中。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 出前講座、啓発、グループ会議  他  9月実績・10月予定(9/30 時点)

             ====================================

 出前 ・ 啓 発 他

 

9 3  10:0010:30  平野幼稚園人形劇  平野幼稚園    大津市  出前

9 4  13:0015:00  葉山学区地域振興協議会

        地域安全推進部会コミュニティーセンター葉山 栗東市 出前

9 7  14:0016:00  グリーン購入講演会in甲賀  碧水ホール 甲賀市  啓発

911  13:0015:00  エコ湖北   長浜市湖北公民館工房   長浜市  出前

917  12:3013:30  大津中央ロータリークラブ  大津プリンスホテル   大津市  出前

918  10:0011:30  日野町エコライフ推進会 日野町林業センターホール  日野町  出前

922  14:0016:00  こうなん教養講座    甲南公民館    甲賀市  出前

10 9  10:0015:30  甲賀市エコフェスタ    碧水ホール  甲賀市  啓発

10 9  10:3015:30  長浜市消費生活フェア  長浜消費学習研究会 長浜市  出前

10 9  10:3015:30  長浜市消費生活フェア  長浜消費学習研究会 長浜市  啓発

1017   9:3015:00  ふれあい祭り  コミュニティセンター葉山 栗東市   啓発

1020  10:0010:30  南小足老人会親和会  南小足会館   長浜市   出前

1023  10:0016:00  大津花フェスタ 公園緑地協会なぎさ公園 大津市   啓発

1023  10:0016:00  大津花フェスタ  公園緑地協会 なぎさ公園   大津市  出前 (省エネ診断)

1024  10:0016:00  大津花フェスタ 公園緑地協会なぎさ公園 大津市   啓発

1024  10:0016:00  大津花フェスタ  公園緑地協会 なぎさ公園   大津市  出前 (省エネ診断)

1024  10:0014:00   守山市環境フェア   守山市環境センター 守山市  啓発

-------------------------------------------------------------------

黄色グループ(自主グループ)推進員会議

日 時   10 8日(金) 15時〜17時 

 場 所    野洲市役所別館一階会議室  

===================================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発行元 :滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   

     電話 :077−524-7168

     FAX:077−524-7178

     E-mailondanka@ohmi.or.jp

     〒520-0807 滋賀県大津市松本 1−2−1

 

  滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのメールマガジンの配信停止は ondanka@ohmi.or.jp へご連絡下さい

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆