☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■

   滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                          VOL.29  [ 09 12 24 ]

□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■☆■□☆■□☆■□
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□■□☆■□☆■□☆

 

◎ 1 世界の平均気温 統計開始以来、3番目に高い見込み : 気象庁速報 
   
世界と日本の年平均気温から

◎ 2 地産地消を推進する「おいしが うれしが」キャンペーン

◎ 3 出前講座、啓発、推進員グループ会議   11月実績  及び 以降の予定 ( 12/22  時点 )
   
(滋賀県地球温暖化防止活動推進員は、「推進員」と略。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎ 1 世界の平均気温 統計開始以来、3番目に高い見込み :気象庁速報
  
世界と日本の年平均気温から

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気象庁が1214日、今年の世界と日本の年平均気温の速報を発表しました。

(「1214日報道発表資料」は下記のサイトよりご覧できます。)  http://www.jma.go.jp/jma/press/0912/14a/world2009.html

(資料全文は下記のサイトよりご覧できます。)        http://www.jma.go.jp/jma/press/0912/14a/world2009.pdf

速報の概要は次の2点です。(上記サイトより)

・世界の2009年の年平均気温は、19712000年の平均気温と比べて0.31℃高く、統計を開始した1891年以降では、1998年、2005年に次いで3番目に高い値となる見込みです。

・日本の2009年の年平均気温は、統計開始の1898年以降、7番目に高い値となる見込みです。

( 注:1 陸域における地表付近の気温と海面水温の平均1月〜11月のデータに基づく速報値。)

◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇

世界と日本の年平均気温について (上記速報を温暖化の観点より一部抜粋)

 世界の年平均気温は、長期的には100年あたり0.68℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降は高温となる年が多くなっています。

日本の年平均気温は、長期的には100年あたり1.13℃の割合で上昇しており特に1990年代以降、高温となる年が頻出しています。

近年、世界と日本で高温となる年が頻出している要因としては、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響に、数年〜数十年程度の時間規模で繰り返される自然変動が重なったものと考えられます。今年の平均気温が高くなった要因の一つとして、夏季にエルニーニョ現象が発生したことなどが考えられます。

◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇  

さて、年毎の記録や四季の寒暖そのものに一喜一憂をするような姿勢では地球温暖化たる事象の理解にとても及ぶことはできません。しかし、今も日本、世界で確実に温暖化がすすんでいること自体は、厳然たる客観的な事実としてとらえなければなりません。

世界の年平均気温の平年差第3位タイという今回のデータもその一端として世界的規模でこの事象をとらえたいものです。すなわち、

〜 地 球 温 暖 化 防 止 は 、 喫 緊 の 課 題 で す ! 〜  

◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇--◇

  さて、上記のデータをご覧頂く中で、下欄の2点を取り上げてみました。

◆◆気温データがどのような分布のもと、観測、処理されているのか。
◆◆また、ご紹介しているそれぞれのサイトをご覧になられた時、北半球の側が、なぜ南半球より気温、水温とも上昇の度合いが高くなりがちであるのか(如実に分かるグラフでは下記のサイトでもご覧いただけます。)

(世界の年平均気温の平年差の経年変化 18912009年:速報値) http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_wld.html

本号では
◆◆については、下欄のサイトによる分布図の様子をご紹介をします。
◆◆については、「CASA CD-ROM版 資料集2008 ― 地球温暖化 ― 第1章」の中で地球温暖化に関する特に大事な観点から説明がされていますのでぜひご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------------------

◆◆「 日本の36地点における100年あたりの年平均気温の上昇率 」
    
下記のサイトにより日本全国で観測されている状況がご覧できます。         http://www.jccca.org/content/view/1031/772/

   「 世界の平均気温の平年差の算出方法 」(気象庁)
    
詳細な説明(下記にも部分抜粋)と観測域の分布図がご覧出来ます。 http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/clc_wld.html

陸域で観測された気温データ
18802000年までは,米国海洋大気庁気候データセンター(NCDC)が世界の気候変動の監視に供するために整備したGHCN(Global Historical Climatology Network)データを主に使用し,使用地点数は年により異なりますが,約3003900地点です。2001年以降については,気象庁に入電した月気候気象通報(CLIMAT報)のデータを使用 し,使用地点数は10001300です。

注:都市化による昇温が世界の平均気温に与える影響は、ほとんど無視できると考えられています。

------------------------------------------------------------------------------------------

◆◆北半球の側が、なぜ南半球より気温、水温とも上昇の度合いが高くなりがちであるのか。
<< 地球温暖化の大事な観点から >> CASA CD-ROM版 資料集2008―地球温暖化― 第1章―12」を抜粋、編集。(同CDは本センターも貸出をしています。研修等で、資料、写真につきCASAからの出典を明記してご利用いただける大変貴重なCD教材です。)

(1)観測・数値計算より
 
温暖化により、世界中どの地域の気温も同じように上がるというわけではなく、海上より陸上の方が、また低緯度地域より高緯度地域の方が、中でも北極域の温度上昇が大きいことが、観測や数値計算からわかっています。
 
また国連の世界気象機関(WMO)が発表した2006年の気象統計の結果によるとると、196190年までの平均気温と19972006年までの平均気温とを比較すると、南半球では0.27℃の上昇に対し、北半球では0.53℃とほぼ2倍の上昇になっています。
 
つまり地球の温暖化は北半球が南半球に比べより速く進行していることがわかっています。

(2)違いの要因は何か
 
この違いをもたらす要因は陸地面積の割合です。陸地の多い北半球の方が、海洋の多い南半球に比べ温度上昇が大きくなります。これには2つの理由があります。1つは比熱の差です。陸地を構成する岩や土に比べて水の方が比熱が大きく、同じ温度上昇を起こすためには、海水の方がより多くの熱量を必要とします。つまり海水面の方が陸地よりも暖まりにくいということです。
 
もう1つは熱の伝わり方の違いです。海洋は吸収した熱が海水の対流によって海底近くの深い所まで伝わっていきます。これに対して陸地は熱の伝わり方が対流とは違い、物質の移動によらないため、熱が地中に伝わりにくく、そのため地表付近は海水面に比べて暖まりやすくなっているからです。

(3)北極周辺の温暖化加速について
 
また最も大きな昇温が懸念されている北極周辺は、最高7℃以上の気温上昇が予測されています。北極周辺で温暖化が急速に進むのは、海氷が融けて少なくなると、氷による反射が減少して、太陽光の吸収量が増加することによって氷の融解がさらに進んでしまうからだといわれています。つまり気温上昇が起こって氷が融け始めると、それが引き金になってさらに気温上昇を引き起こすという悪循環が起こってきます。このようにして、温暖化が加速度的に進んでしまうおそれがあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎ 2 滋賀の地産地消を推進する「おいしが うれしが」キャンペーン !

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

滋賀県農政水産部農業経営課の「おいしが うれしが」のキャンペーンに本センターもサポーターとして参加をしています。
「おいしが うれしが」キャンペーンは、地元で生産されたものを地元で消費する「地産地消」を推進する運動です。
滋賀県産の農水産物を味わい、郷土や家族のつながりをより深めていただくために、毎月第3日曜日とその前日を「おいしが うれしが」の日とされています。

本センターは、特にフードマイレージの観点からも、二酸化炭素排出削減に大いにつながるキャンペーンであると考えています。下記のサイトをご覧頂きご理解、ご協力をよろしくお願いします。    http://www.pref.shiga.jp/g/nosan/oishiga/index.html

------------------------------------------------------------------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎2 出前講座、啓発、推進員グループ会議   11月実績 及び 以降の予定  ( 12/ 22  時点) 

出前・啓発は、日時、主催者、場所等分かっている限りのデータです。現在、主催者側の詳細について不確定のところ も一応掲載しています。「G」は推進員グループの省略です。

推進員グループ会議は確定と予定を掲載しました。

=============================================
     出前 ・ 啓 発 ・ イ ベ ン ト
------------------------------------------------------------------------------------------

111日 9:0017:00   木之本町文化祭   木之本町公民館   木之本町   湖北G   啓発

中止 1031日 10:0014:30   竜王町文化祭   竜王町公民館   竜王町   東近江G   啓発

中止 111 10:0012:00   竜王町文化祭   竜王町公民館   竜王町 東近江G   啓発

中止 111 9:0015:00   島学区文化祭   島小学校体育館   近江八幡市   東近江G   啓発

113  10:1011:10   河西ハイツ自治会   河西ハイツ自治会館   守山市   湖南G   出前

117日 11:0015:00   ふれあい祭り(矢倉公民館)   矢倉小学校運動場   草津市   湖南G   啓発

118  10:0015:00   甲良人権・環境フェスタ   甲良町公民館   甲良町   湖東G  啓発

118日 13:0016:00   サイエンス屋台村2009   大津市科学館   大津市   大津G   啓発

中止 118   東近江エコライフフェア   近江八幡市市役所駐車場   近江八幡市   貸出・展示

119日  10:0011:00   滋賀環境カウンセラー協会   省エネ展示   甲南中学校   甲賀市   貸出・展示

1114日 14:0015:00   地蔵町自治会   地蔵町自治会   彦根市   彦根G   出前

1117日       甲賀保護区保護司会   甲賀市   甲賀G   出前

1118        高島市役所職員研修   高島市役所   高島市   出前

1119日 19:30    野洲祖連研第11   赤野井別院 本堂   野洲市   大津G   出前

1121日 10:0015:30   甲賀市エコフェスタ   甲南情報交流センター忍びの里プララ   甲賀市   甲賀G   啓発

1124日 10:0012:00   障害者就労研修   滋賀県社会就労事業振興センター   草津市   湖南G   出前

1125日 13:3014:30   前田ふれあいサロン   前田公民館   野洲市   湖南G   出前

中止 1127日 10:0011:30   朝日が丘保育園   大津市   大津G   出前

1127日 13:0014:30   栗東市商工会女性部   森の未来館   栗東市   湖南G   出前

123日 10:0011:00   晴嵐保育園人形劇   大津市   大津G   出前

125  10:0018:00   草津市地球冷やしたい推進フェア    イオンモール   草津市   湖南G   啓発

126日 10:0018:00   草津市地球冷やしたい推進フェア    イオンモール   草津市   湖南G   啓発

129日 13:3015:00   山内公民館   甲賀市   甲賀G   出前

中止 1219日 19:00   高月町婦人会   高月町   湖北G   出前

1225   10:0014:00   びわ銀エコカップ   卓球大会    草津市総合体育館   草津市   湖南G   啓発

=============================================

今 後 の 推 進 員 グ ル ー プ 会 議  11.12月 実績・予 定

------------------------------------------------------------------------------------------

湖南(黄色)グループ会議(草津・栗東・守山・野洲)
日時  1 8日(金) 15:0017:00  場所 野洲本庁舎 東別館2F第1会議室

------------------------------------------------------------------------------------------

    グループ会議
日時   116日(土)  15:0017:00  場所 明日都浜大津中会議室

------------------------------------------------------------------------------------------

甲 賀  グループ会議
日時   1 20日(水)  13:30〜  場所 甲賀合同庁舎 1階1A会議室

------------------------------------------------------------------------------------------

東 近 江 地 域 グループ会議
日時    2  2日(火)13:3015:30  場所 東近江合同庁舎(3階)3A会議室

=============================================
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

編集後記

 平成21年も、あとわずかを残すのみとなりました。日本及び世界の社会、経済は今年も大きな変化がありました。私たちは時代の奔流に流されることなく新たな年を積極的な気持ちで迎えたいものです。

 この一年、ご高覧をいただきありがとうございました。新年号もひき続きご高覧をお願いしますとともに、来る年におきましても、皆様方のご活躍とご健勝をお祈りいたします。

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□ □☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■

発行元:滋賀県地球温暖化防止活動推進センター   

   電話 :077−524ー7168
   FAX:077−524ー7178
   E-mail:ondanka@ohmi.or.jp

   〒520-0807        
      滋賀県大津市松本1−2−1

  滋賀県地球温暖化防止活動推進センター のメールマガジンの 配信停止は ondanka@ohmi.or.jp へご連絡下さい                ☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□ □☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■