☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

 

  滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                          VOL.25  [ 09 08 26  ]

 

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

 

 

 

◎ 1 「CO2排出係数」について

 

◎ 2 出前講座、啓発、推進員グループ会議   8月実績   及び  9月以降の予定 ( 8/21 時点)

 

 ( 編集後記:読者募集とバックナンバーについて )

 

(滋賀県地球温暖化防止活動推進員は、「推進員」と略。)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◎ 1 地球温暖化の要因となる温室効果ガス、二酸化炭素(CO2)に係わる「CO2排出係数」について再び取り上げます。

 

=============================

 

 過日、軍手や牛乳パックなど、使用済みの物を利用し、子ども向けのリサイクル工作物(お人形な等)の制作はいかがとすすめてくださる営業の方が来られました。当センターが望むグッズの思いとはマッチしなかったのですが、話の中で編者がCO2削減量はおおよそどれぐらいになるのか試算されたことはありますかと雑感を述べ、CO2排出係数の活用を話題にしますと、相手の方は、それはどういうことですか、面白そうですねと興味を持たれました。早速当方が活用方法の説明に時間を割いておりました。

 

 さて、本センターでは、「CO2排出係数」の活用については、センターだよりvol.10[2008.04.30]のコラムで取り上げております。既に詳細をお知りおきの方も多いと思われますが、今回、数値の更新や加筆の必要性、関連するホームページのあらたな紹介などのことを踏まえ、もう一度取り上げますのでどうぞご覧ください。

 (なお、既刊の本センターメルマガについては、最下段の編集後記のバックナンバーのアドレスをご利用ください。)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 個人や家庭でのいろいろな取り組みによって削減できるCO2の量は「 CO2排出係数」から算出できます。 以下、電気・燃料や容器の数、ごみの重さに排出係数をかけて、どれぐらいのCO2削減になるのか是非お試ししていただき、CO2削減の実践の目安としてください。

 

項  目 (単位) 使用量   ×CO2排出係数= CO2排出量 

================================================

・電気  (KWH) 使用量 ×0.366 =    (kg)

 

・都市ガス(立方m)使用量  ×2.1 =    (kg)

・LPガス(立方m)使用量  ×6.5 =    (kg)

・水道  (立方m)使用量   ×0.36 =    (kg)

・灯油  (リットル)使用量×2.5 =    (kg)

・ガソリン(リットル)使用量×2.3 =    (kg)

・ごみ(湿重量)(kg) 使用量 ×0.34 =    (kg)

 

・アルミ缶(本):リサイクルに出せなかった使用量(以下同じ)

                     ×0.17 =    (kg)

・スチール缶 (本) 使用量 ×0.04 =    (kg)

・ペットボトル1(本)使用量 ×0.07 =    (kg)

・ガラスビン (本) 使用量 ×0.11 =    (kg)

・牛乳パック1L(本)使用量 ×0.16 =    (kg)

・食品トレー (枚) 使用量 ×0.008 =    (kg)

 

                     計    (kg)

 

上記のうち、物品の目安を全国地球温暖化防止活動推進センターへ容量の詳細を尋ねましたら、

 

・ガラス瓶  ・・・・ 瓶ビール(小)くらいの大きさ

・アルミ缶  ・・・・ 350ml

・スチール缶 ・・・・ * 190ml

・食品トレイ ・・・・ 不明

 

・スチール缶について : 「当時から比べると現在はかなり技術的に進展しているようで、190ml缶と350ml缶の重さがほぼ同じぐらいとなっているようですので、どちらの大きさも同じと、とらえてください。」 との口頭の回答をもらっています。

           ( 参考 HP  )

 http://www.steelcan.jp/steelcanage/vol15/history.html

 

電気のCO2排出係数については、「 環境家計簿/暮らしのCO2チェック - 滋賀県 」

    http://www.carbonfree.jp/200/env_shiga.html

 

 都市ガス以下の項目のCO2排出係数については、全国地球温暖化防止活動推進センター編集(企画 環境省)の身近な地球温暖化対策 家庭でできる10の取組」

   http://www.jccca.org/ondankan/pdf/10torikumi.pdf

 の3ページと上記の「 環境家計簿/暮らしのCO2チェック - 滋賀県 」と一致させています。

 

 

電気に関し、都道府県の各地方によって異なっています。興味を持たれた方は、全国地球温暖化防止活動推進センターの「温室効果ガスの排出量算定について (4)排出量がどのように計算されているか排出係数について知りたい」

    http://www.jccca.org/content/view/1106/767/

 及び

 関西電力株式会社

 http://www.kepco.co.jp/ir/private/info04.html 

 のホームぺージの最終項、販売電力量あたりのCO2排出係数のグラフ(h19年の箇所→0.366)をご覧ください。

 (本メルマガでは関西電力株式会社の係数を掲示しています。

 一般のチラシなどでは、上記の全国センターの説明にもありましたように「家庭からの温室効果ガス排出量を計算する際の排出係数は、一般電気事業者10社の平均値」が扱われます。)

 

 

 

いろいろなものが混じっている(湿重量の)「ごみ」について一体どのような計算根拠で係数が出されているのかと疑問をお持ちの方は、全国地球温暖化防止活動推進センターの

 Webサイト「環境家計簿用 排出係数一覧(平成186月更新)」     

http://www.jccca.org/component/option,com_docman/task,doc_details/gid,758/Itemid,622/

 の最終ページの項目をご覧ください。詳細に掲載されています。

 他の物の係数の計算根拠なども詳しく載っています。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「 CO2排出係数」をもとにし、日常生活の中でのCO2削減をわかりやすく説明している全国地球温暖化防止活動推進センター

下記のWebサイト

    _____________________

 

      家 庭 で で き る 取 組 み 1 0 項 目

    _____________________

 

 のサイトをぜひご覧ください。

( 推進員さんが啓発活動や出前講座で配布されるチラシでもおなじみです。  )

     http://www.jccca.org/content/view/1053

 

 また、この10項目の計算の仕方や詳しい根拠も上記のサイトの下段でPDF形式でダウンロードできます。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

◎ 2 出前講座、啓発、推進員グループ会議

   8月実績 及び 9月以降の予定 ( 8/21  時点) 

                  

 (出前・啓発は、日時、主催者、場所等分かっている限りのデータです。現在、主催者側の詳細について不確定のところも一応掲載しています。尚、推進員グループ会議は9月分を掲載しました。)

 

============================

 出前 ・ 啓 発 ・ イ ベ ン ト

--------------------------------------------------------

                    

81  14:0017:00 市民環境フォーラム ひこね燦パレス  湖東 啓発

 

88  9:3015:00 暮らしの中の体験講座  彦根市中地区公民館   湖東 啓発

 

88  10:0014:00 びわ銀エコカップ学童野球大会   皇子山球場 大津 啓発

 

822日 19002000 吉身西町自治会     吉身西町自治会館 湖南 出前  

 

827日 13:301500 希望ケ丘防災コミュニティセンター    甲賀 出前

 

94日 19002130長浜商工会議所青年部 長浜青年会議所大ホール 湖北 出前

 

=============================

 

今 後 の 推 進 員 グ ル ー プ 会 議 予 定

 

-------------------------------------------------

東 近 江 地 域 グループ会議

 

日時     9  5日(土)  13:3015:30 場所    竜王町立図書館 

 

------------------------------------------------

湖南(黄色)グループ会議(草津・栗東・守山・野洲)

 

日時   9  11日(金) 15:00 〜 場所 野洲市中央公民館 3階 第4講座室

 

------------------------------------------------

甲 賀  グループ会議

 

日時    9月 16日(水)  13:30 〜 場所  甲賀合同庁舎 1階−1A会議室

 

----------------------------------------------

    グループ会議

 

日時    9月 17日(木)  13:30 〜 16:00 場所  大津合同庁舎多目的室

 

================

編集後記

 

 このメールマガジンの  読 者 の 拡 大 ・ 募 集に力を入れております。

配信希望方法等、詳しくは下記のサイトをご覧ください。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/center/mail-magazine.html

 

 読者各位が配信希望者を募っていただきましても幸甚です。

 

「滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより」

バ ッ ク ナ ン バ ー の ご 案 内 ア ド レ ス を下記に併記します。

http://www.ohmi.or.jp/ondanka/center/backnumber.html

 

 _______________________________

 

    転 送 大 歓 迎 で す 。 本 マ ガ ジ ン を

 

      ご 紹 介 い た だ け ま し た ら 幸 い で す 

 _______________________________

 

 

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■

□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

 

発信者 : 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター ( (財) 淡海環境保全財団 内 )

  電話 :077 -524- 7168  FAX:077 -524- 7178

   E-mail ondanka@ohmi.or.jp

  〒520-0807   滋賀県大津市松本 121

 

 滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのメールマガジン

   配 信 停 止 は  ondanka@ohmi.or.jp  へご連絡下さい。

 

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆