☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

 

  滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより

                          VOL. 24  [ 09 07 27 ]

 

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□

 

◎ 1 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」について
◎ 2 前号環境クイズ版のサイトのご紹介に寄せて(数値詳述)
◎ 3 出前講座、啓発、推進員グループ会議  7月実績   及び  8月以降の予定 ( 7/27 時点)

(滋賀県地球温暖化防止活動推進員は、「推進員」と略。)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎ 1 「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」
  〜 お 礼 ・ 実 施 結 果 
  県 内 416 者 の 参 加 が あ り ま し た ! 

 環境省が全国に呼びかけて実施し、滋賀県地球温暖化防止活動推進センターも、県内にチラシを配布して呼びかけてきました。
「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」につきましては、県内416者の参加施設・企業・団体のご参加をいただきました。
 ご協力いただきました各団体・企業・団体の皆様方に対し厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

----------------------------------------------------------

 このキャンペーンは、620日(土)から77日(火)までの期間、地球温暖化防止のため、ライトアップ施設等の消灯を呼びかけ、特に夏至の日に当たる621日(日)には「ブラックイルミネーション2009」として、また最終日の77日(火)のクールアース・デーには「七夕ライトダウン」として、夜8時から10時までの12時間、全国のライトアップ施設等を一斉に消灯するライトダウンを呼び掛けてきました取組です。

----------------------------------------------------------

 前年のブラックイルミネーションと七夕ライトダウンを合計した参加者数は262者でしたが、今年はそれをはるかに越える多くの参加をいただいたことは、地球温暖化防止に対する皆様の熱心な行動提起の賜であると考えています。
 このキャンペーンに対しましてご理解をいただき、呼びかけを推進してくださった、各団体、滋賀県地球温暖化防止活動推進員有志の皆様へも厚くお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

=============================

全国の結果も以下に掲載します。(環境省 716日 報道発表資料より)
[ 621日(日)と77日(火)の合計 ]
参加施設数   162,233箇所
削減消費電力量 2,365,658 kWh(参加施設からの申告による数量の集計値)
CO2排出削減量  約949t- CO2 (65千世帯の1日当たりのCO2排出量に相当)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎ 2    前号環境クイズ版のサイトの紹介に寄せて
   (数値詳述)

-------------------------------------------------------

 前号で、環境クイズ版のサイトのご紹介をし、[ 南アメリカにある「パタゴニア氷河」の氷は、1年間でどれくらい溶けているでしょうか? ]といった問題もご紹介しましたが、以下に数値の詳述を記しておきます。

この氷河では、過去7年間、「 毎 年 」42立方kmの氷が融解しているのです。実はこれは東京ドーム(124万立方m)の約3万4千個分に相当するのです。

 ( 5000個か10000個ぐらいかなと山勘で解答3.をあてられた方の想像量よりも、現実は、はるかに凌駕しています。)

 琵琶湖の貯水量とで比較を試みてみますと何と、パタゴニア氷河の毎年の融解量果は琵琶湖1杯半(!)の貯水量に値しています。(ちなみに、山本良一編集の「1秒の世界」:ダイヤモンド社発行2003年版 によるとグリーンランドの氷河が溶けている量は毎年51立方km。琵琶湖貯水量と比べて1.9倍に相当とのこと。・・)

----------------------------------------------------------

 根拠とした数字(計算)やホームページを下記に記しておきます。
 東京ドームの容積(124万立方m)については「東京ドームの大きさ」で検索したサイトからです。他にも東京ドームとの比較計算を面白く説明してありました。
琵琶湖の貯水量「275億立方m」については、滋賀県立琵琶湖博物館の「琵琶湖の概要」
 http://www.lbm.go.jp/biwako/ を参照しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◎ 3 出前講座、啓発、推進員グループ会議
   7月実績 及び 8月以降の予定 ( 7/27 時点) 

 (出前・啓発は、日時、主催者、場所等分かっている限りのデータです。現在、主催者側の詳細について不確定のところも一応掲載しています。尚、推進員グループ会議は7月分を掲載しました。)

=============================

 出前 ・ 啓 発 ・ イ ベ ン ト

----------------------------------------------------------

71日  10:3012:10  老蘇小学校6年生 東近江 出前
72日  14:3015:30  小津小学校6年生 湖南 出前
75日  17:0020:00  身近に楽しくエコを考える集い 水口中央公民館  甲賀  啓発
78日  10:0011:30  グリーンハイツ南一歩環境講座 グリーンハイツ南一歩自治会館 湖南 出前
78日  9:3512:20  安土小学校6年生  東近江 出前 
78日  19:3021:00  環境保全部会セミナー コミセン治田西  湖南 出前
79日  13:3015:30  楽しく学ぶ教養講座 安曇川世代交流センター  湖西 出前
724日  13:0013:40  あかり、灯り、明かり 栗東市ボランティアセンター 湖南 出前
725日  13:1514:30  打ち水大作戦2009 大津西武・膳所駅前商店街  大津 啓発
81日  14:0017:00  市民環境フォーラム ひこね燦パレス    湖東 啓発
88日  9:3015:00  暮らしの中の体験講座  彦根市中地区公民館   湖東 啓発
88日  10:0014:00  びわ銀エコカップ学童野球大会  皇子山球場 大津 啓発 
827日  13:3015:00  希望ケ丘防災コミュニティセンター  甲賀 出前

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
=============================

今 後 の 推 進 員 グ ル ー プ 会 議 予 定

-----------------------------------------------------------
湖 北 グループ会議
日時  7月31日(金)19:00〜 場所  長浜公民館
-----------------------------------------------------------
湖 東 グループ会議
日時  8月8日(土)13:0014:00 場所  中地区公民館会議室
-----------------------------------------------------------
湖南(黄色)グループ会議(草津・栗東・守山・野洲)
日時  8月14日(金)15:0017:00 
場所  守山駅前コミュニティーホール3F(セルバ)
-----------------------------------------------------------
甲 賀  グループ会議
日時   8月19日(水)13:30〜 場所  甲賀合同庁舎 1階−1A会議室
-----------------------------------------------------------
    グループ会議
日時   9月17日(木)13:3016:00 場所  大津合同庁舎 多目的室
-----------------------------------------------------------
東 近 江 地 域 グループ会議
日時    9月5日(土)13:3015:30 場所    竜王町立図書館

================

☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■
□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆

発信者 : 滋賀県地球温暖化防止活動推進センター
( (財) 淡海環境保全財団 内 )

 電話 :077-524-7168
 
FAX:077-524-7178
 
E-mail ondanka@ohmi.or.jp

 〒520-0807 滋賀県大津市松本 1−2−1

 滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのメールマガジン
  配 信 停 止 は  ondanka@ohmi.or.jp  へご連絡下さい。
☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□
■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆■□☆