menu1 ヨシってな〜に?
menu3 販売物
menu4 貸出物
menu5 広報誌
menu7 助成・後援
menu8 リンク
トップページ>明日の淡海







第24号
2016.06.01発行
CONTENTS
巻頭言
公益財団5年を前にして 〜財団に新風〜
財団事業の紹介
ヨシ群落保全事業
自然保護・環境保全事業
淡海環境プラザ事業
温暖化防止活動事業
寄稿
COP21パリ協定下の環境ビジネスの展望
トピックス
滋賀・矢橋帰帆島メガソーラー発電所開設
▲TOP







第23号
2015.05.01発行
CONTENTS
巻頭言
公益財団3年を振り返って〜新たな展望を模索〜
財団事業の紹介
ヨシ群落保全、自然保護・環境保全事業
淡海環境プラザ事業
温暖化防止活動事業
寄稿
COP21(パリ会議)での2020年以降の 国際枠組み合意に向けた交渉と日本の温暖化対策
滋賀県の水ビジネスの展開と下水道技術淡海環境プラザへの期待
トピックス
琵琶湖における水草繁茂の状況と水草の有効利用
「JICA草の根技術協力事業」の専門家派遣活動
みんなで楽しく2015 地球温暖化防止のための環境学習教材集を作成しました!
お知らせ
▲TOP







第22号
2014.05.01発行
CONTENTS
巻頭言
水の力、びわ湖の力
財団事業の紹介
ラムサールびわっこ大使、国内外に派遣
淡海環境プラザ JICA草の根技術協力事業
夏の節電プロジェクト
寄稿
環境学習のすすめ
滋賀県の下水道について
トピックス
新しい教材について語る
平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(環境教育活動部門)を受賞
お知らせ
▲TOP


第21号 20周年記念号
2013.05.01発行
CONTENTS
祝賀メッセージ
淡海環境保全財団創立20周年祝賀メッセージ
湖国の環境NGOの20年の歩みに心からエールを贈りたい
財団創立20周年に寄せて
ご挨拶
財団創立20周年記念対談
持続可能な社会の実現を目指して
財団紹介
沿革 組織・体制
事業活動
財団での思い出
財団創立20周年に寄せて
思い出に残る取組と今後の期待
財団への感謝の気持ち
新事業の紹介
新たに「淡海環境プラザ事業」がスタートしました
記念寄稿
琵琶湖の水質浄化に向けて
節電プロジェクトから見えてきた推進員の役割
環境配慮のまちづくり-身・知・心-
地域住民との関わりと温暖化防止活動推進員の活動
役員Message「今後の抱負」
▲TOP


第20号
2012.03.01発行
CONTENTS
滋賀県の再生可能エネルギーの現状
省エネ診断のご紹介
家庭でできる節電アクション
地球温暖化防止活動推進センター事業紹介
財団活動紹介
琵琶湖の水草の資源循環について
▲TOP


第19号
2011.03.01発行
CONTENTS
巻頭言
琵琶湖のやさしさを持続させよう!
ストップ温暖化大賞低炭素杯2011
現地レポート
〜「しがぎん琵琶湖原則」で、お客さまと手を携えて地球環境保全を〜
あなたも省エネ診断で「お得なエコ」を見つけましょう!
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団活動紹介
  ヨシの郷モニタリング調査結果〜ファーストフラッシュ浄化施設水質調査〜
こども環境特派員(びわっ子大使)
▲TOP


第18号
2010.03.01発行
CONTENTS
巻頭言
温室効果ガス50%減に取り組む
ヨシ特集
今、ヨシが熱い
私の仕事
持続可能な経営〜地域社会とともに〜
地域の特集
マンション自治会が取り組む琵琶湖の水草対策
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団活動紹介
▲TOP


第17号
2009.03.01発行
CONTENTS
巻頭言
財団創立十五周年に際して
巻頭特集
環境こだわり茶「ゆめおうみ」
十五周年記念特集
「環境を守ること」とは
ラムサールびわっ子大使 こども環境特派員レポート
取組事例
「元祖、一村一品」運動推進、大山町農協の今
温暖化の特集 草津市
ゴーヤーカーテンで「小」エネを実践
私の仕事
「ミラバケッソ」ってな〜に
環境エッセイ
水の国・近江
地域特集
買い物袋考
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団活動紹介
▲TOP


第16号
2008.03.01発行
CONTENTS
巻頭言
環境は金にならない?
巻頭特集
琵琶湖一周調査隊からの報告
私の仕事特集
ヨシを商う
県外環境取組事例
環八郎湖・水の郷創出プロジェクト
地域の特集
コトナリエ 夏によし、環境に善し、人も好し
財団活動紹介
地球温暖化防止活動推進センターだより
▲TOP


第15号
2007.03.01発行
CONTENTS
巻頭言
明日の淡海
巻頭特集
琵琶湖南湖の水草を考える
エネルギー特集
未来の水素社会を実現する燃料電池
生活の特集
滋賀県産の木材を使用したこだわり住宅
地域の話題
みんなで楽しむ!自治会環境活動〜生ゴミの堆肥化を通じて〜
滋賀県地球温暖化防止活動推進センターだより
地球温暖化、今ヒマラヤは
財団活動紹介
▲TOP


第14号
2006.03.31発行
CONTENTS
巻頭言
里山とつきあう
巻頭特集
明日の滋賀県の市民運動を考える座談会−せっけん運動を顧みて−
県外環境取組事例
茅葺きスローフードレストラン「茅乃舎」
環境トピックス
新エネルギーを考える
財団活動紹介
地球温暖化防止活動推進センターだより
▲TOP


第13号
2005.11.15発行
CONTENTS
巻頭言
自然の保全とは?
特集
琵琶湖条例前夜
市町村-エコの輪
明日の高島
環境滋賀 私の意見評論
「エコライフ、エコファミリーから美化のエコタウンづくり」へ
私の仕事
滋賀県の森林と共に生きる
くらしの特集
明日の生活としての森林
県外環境取組事例
エコミュージアムはじめよう
財団活動紹介
地球温暖化防止活動推進センターだより
▲TOP


第12号
2005.3.1発行
CONTENTS
巻頭言
琵琶湖であそぶ
巻中特集
「抱きしめてBIWAKO」で変わったもの
県外環境取り組み事例
行政と市民の「協働」を目指して
くらしの特集
琵琶湖ホテルの秘味つ
市町村-エコの輪
生ごみ堆肥化とエコライフの楽しみ
私の仕事
環境教育最前線! 「菜の花環境学習」を極める
ヨシ紙ギャラリー 鴛鴦(オシドリ)
財団活動紹介
環境滋賀 私の意見評論
地球温暖化防止活動推進センターだより
▲TOP


第11号
2004.10.15発行
CONTENTS
巻頭言
今、あらためて水害体験を次の世代に伝えたい
巻頭特集
はじまりは「抱きしめてBIWAKO」
県外環境取り組み事例
市民参加型公共事業を目指して
くらしの特集
誰でもわかるヴォーリズ建築
私の印象に残った仕事
滋賀発UU「グリーン購入」

市町村-エコの輪
子どもたちが楽しみながら体験できる環境学習を 大津こども環境探偵団

環境滋賀 私の意見論評
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団活動紹介
フォトエッセー 夏の琵琶湖
▲TOP

第10号 財団創立10周年記念号
2004.3.15発行
CONTENTS
巻頭言
財団創立10周年に際して
巻頭特集
子どもたちの心に種を蒔き、
地域から県下に広がる環境教育を
財団創立10周年記念対談
財団10年の軌跡を振り返り、
担うべき新たな役割を探る

財団創立10周年記念事業 ヨシ利用シンポジュウム 講演録
商いに「ヨシ」Uヨシビッグビジネスを目指して

市町村-エコの輪
木の香り漂う山家で、環境を慈しむ意識が広がる 朽木村

記念寄稿 「こんな夢を見た」−ヨシを使うということ
環境滋賀 新しいかたちの農業スタイルを提唱
私の意見論評
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団のひとりごと
▲TOP

第9号
2003.9.1発行
CONTENTS
巻頭言
未来学と次世代と
巻頭特集
かけがえのない生命を守る湿地
琵琶湖の取り組みを世界が注視している
環境リレーインタビュー「環境の世紀」に聴く
共に考え守る琵琶湖レジャー
次代に向けて新条例スタート

市町村-エコの輪
市民とのパートナーシップでごみの減量を実践 彦根市

ヨシの話 ヨシ博物館奮闘記
環境滋賀 私の意見論評
地球温暖化防止活動推進センターだより
財団告知板
財団のひとりごと
▲TOP
第8号
2003.2.1発行
CONTENTS
巻頭言
世界湖沼ビジョンはなぜ必要か?
巻頭特集
世界が直面している水の危機 いま私たちは何をなすべきなのか
環境リレーインタビュー「環境の世紀」に聴く
半世紀以上の歳月をかけて生命きらめく手づくりの森を

市町村-エコの輪
里山との共生が、人を豊かにし環境保全の心を育む 八日市市

地球温暖化防止活動推進センターだより
東西エコミュージアム見聞記
知ってますか?ヨシのこと
財団のひとりごと
▲TOP

第7号
2002.9.1発行
CONTENTS
巻頭言
魚の目で、琵琶湖を早急に捉え直そう
巻頭特集
「いのち」きらめく恵みの湖を、未来の子どもたちに伝えるために
環境リレーインタビュー「環境の世紀」に聴く
世界に目を向け、行動すべき時がきている

市町村-エコの輪
実体験でゴミ意識改革 蒲生町

環境滋賀 私の意見論評
知ってますか?ヨシのこと
地球温暖化防止センターだより
財団のひとりごと
▲TOP
第6号
2002.2.1発行
CONTENTS
巻頭言
心を育てる〜環境教育と子どもたち〜
巻頭特集
「環境の世紀」に先駆ける旗手企業に聴く
環境リレーインタビュー「環境の世紀」に聴く
湖沼の次代に吹く新風たち

環境リレーインタビュー「特別インタビュー」
大切なのは環境の未来に向けて共に立つ根幹を培うこと

環境滋賀 私の意見論評
海外環境ツアーinオーストラリア参加報告
財団のひとりごと
▲TOP
第5号
2001.9.1発行
CONTENTS
巻頭言
知識と生きもの感覚の統合
巻頭特集
温暖化が進めば琵琶湖にも危機が訪れる
地域のリーダーを育み、環境自治体を創る
環境リレーインタビュー
ヨシに新たな息吹を
田植えと濁り水-農業排水問題を考える-
環境滋賀 私の意見論評
財団のひとりごと
▲TOP
第4号
2001.2.1発行
CONTENTS
巻頭言
町と田舎
地球温暖化防止-われわれにできること-
21世紀の環境問題-持続可能な社会の条件-
容器包装リサイクルは必要か?
ヨーロッパエコツアー見聞記
琵琶湖の水産資源の回復に向けて
財団のひとりごと
▲TOP
第3号
2000.9.1発行
CONTENTS
巻頭言
市民と行政のパートナーシップで琵琶湖の保全を!
容器包装リサイクルは必要か?
-法律制定の背景とリサイクルの現状 その1-
「里山」ってなんだろうか?
南湖のヨシ群落衰退の現状とその原因
散在性ゴミに断を
財団のひとりごと
▲TOP
第2号
2000.3.1発行
CONTENTS
巻頭言
21世紀に向けて
琵琶湖岸のヨシ群落について
「散在ゴミ」考
これからの滋賀の環境教育をさぐる

ルドルフ・ディーゼルの予言

環境フィールドワークから見た環境学習法
財団のひとりごと
▲TOP
創刊号
1999.11.1発行
CONTENTS
巻頭言
琵琶湖周辺の内湖(その存在意義と消長)
ビオトープの取り組みが生きものを救う
21世紀海外ツアー
<シンガポール・エコツアー>を終えて
「美しい自然」の編集を振り返って思うこと
財団のひとりごと
▲TOP


トップページ>明日の淡海

公益財団法人淡海環境保全財団
滋賀県草津市矢橋町2108淡海環境プラザ2F TEL.077-569-5301 FAX.077-569-5304 info@ohmi.or.jp